なみえの今

タイトルをクリックすると個別の記事のみご覧いただけます。

大平山霊園で4年ぶり、お墓参り休憩所

2023年8月22日

こんにちは、地域づくり支援専門員の今野です。

お盆期間中の8月12日(土)、13日(日)の2日間、請戸地区にある大平山霊園でお墓参りに来た皆さんが一息つけるお墓参り休憩所を実施しました。
2018年、2019年にも実施していましたが、その後は新型コロナの状況から毎年見送っており、4年ぶりの実施となりました。

以前の様子は以下をクリックしてください。

ブログ 大平山霊園で憩いの場づくり(2018年8月)

ブログ 大平山霊園 お茶っこ休憩所(2019年8月)


初日は時折小雨が降る雨模様の中となりましたが、中浜行政区の川口登区長も滞在され、お墓参りしている皆さんに積極的にお声がけなどいただいたことで40名以上の方にお立ち寄りいただきました。
2日目は快晴となった中、冷たい飲み物で一休みできる場ということで、こちらも40名近い利用がありました。

災害危険区域に指定された請戸地区の皆さんは、主に町外に散り散りになり生活を送っています。さらにコロナ禍もあったことから「久しぶり!」「ここで会えて話せてよかった~」などという声が、何度も聞けました。

また、現在の住まいを決めた過程などを教えてくださる方もいて「街中に避難したんだけど、やっぱり波の音が聞こえてないと落ち着かないのな。今は海のそばの家で暮らしている」。別の方も「ざーざーとずっと波の音が鳴っていてうるさいと思うかもしれないけど、いっつもこの音が聴こえていたんだよな」など、海のそばで長年暮らした方たちならではのお話も聴けました。

震災前の懐かしい写真のファイルも並べたため、懐かしそうに、うれしそうにご覧いただく姿も見れました。
「あっ、これ私!」「うちの兄貴だ!」とか「●●年の安波祭にはうちの娘出ているんだけど、その時の写真はないのかなあ」「近所の〇〇さん。若かったなあ」など、写真を手に取って話が弾んでいました。
とても残念なことですが、そうした写真も津波で流されてしまっています。「たった1枚だけ、思い出の品の展示場に写真があったから、前にもらってきたんだけどさあ」などと話す方もいらっしゃいました。

請戸地区ではお盆期間中の決まった3日間は毎日お墓参りに来る、といった風習があったようで、ご先祖様をとても大事にする地域だったのかなと思います。
今は、町外から訪れる方が多いため、以前のようなお墓参りも難しくなったかもしれません。

「浪江町には行かなくなってきたけれど、お墓参りには必ず行く」
そんな声は、町内の他の地域でも耳にします。
お墓参りを通じて、地域の皆さんの交流・つながりの維持が今後も続いていくよう願っています。


お茶飲み交流会を津島で実施しました

2023年6月23日

こんにちは、地域づくり支援専門員の今野です。

6月21日(水)平日の午前中実施となりましたが、つしま活性化センター会議室を活用し「お茶飲み交流会in津島」を開催しました。
津島地区の特定復興再生拠点で3月31日に避難指示が解除され、津島住宅団地の入居者も少しずつ増えてきていることもあり、団地入居者を中心に、特定復興再生拠点に帰還されている方や津島から避難されている方なども、お茶を飲みながらゆっくりと交流できる場ができればと実施しました。

当日は住宅団地から3名、ご参加いただきました。

また、当日はイオン浪江店の移動販売日でもあったため、会場の前で買い物する時間なども挟みながら、ゆるやかに皆さんで交流しました。

▲移動販売で買い物する皆さん

津島でようやく、このような場づくりができるということもあってか、町外で活動する浪江町の復興支援員の方も3名、様子を見にいらっしゃいました。

参加された住民の方で、町外から移住してきた方は「津島に住宅団地ができると聞いたが多くの帰還が望めない状況と聞き、なにかできないかと移住した。自然も多く静かで、気持ちも良い」「不便な面もあるが、個人的にはそれほど困るようなことはない。仕事の関係もあり、津島に住んだ」などと、自己紹介に添えてくださいました。

▲パトロール中の警察の方も、ごあいさつ

津島地区出身の方は「入居された方と話すことによって、安心感が出る。こういった交流の場が、いつ開かれるのかなあと期待していた」「これからも皆と、花植えやバーベキューで交流できればいいな」などと話されました。

当事業では引き続き、津島の皆さんが交流できる場を定期的につくっていきたいと思います。


中浜に震災を伝える祈念碑が完成しました

2023年6月16日

こんにちは。地域づくり支援専門員の今野です。

請戸地区の中浜行政区に、震災の記憶を残し後世に伝える石碑が完成し、6月11日(日)に竣工式がおこなわれました。

石碑の建立については数年前から、中浜行政区の皆さんが話し合われていたものです。

竣工式はあいにくの雨模様となりましたが、町外のお住まい各地から20人、中浜の皆さんが集いました。

宮司が祝詞を奏上するなどし、出席された皆さんで震災の犠牲になられた地域の方々へ黙祷をささげました。

請戸地区は災害危険区域となっており、中浜行政区も残念ですが戻って住むことはできなくなった場所です。

中浜の川口登区長にお話をうかがうと「中浜行政区は大津波で壊滅的な被害を受けた。中浜をなにか残したいと考えた。50世帯がこの地で営みを持っていたことを伝えたいと思った」などと想いを述べてくださいました。

石碑には「中浜地区大震災祈念碑」と刻まれ、津波により二十余名の尊い命が奪われたこと、原発事故で避難を強いられたことや、中浜地区の成り立ちなどが記されています。
また裏にあたる面には中浜行政区の東日本大震災当時の各戸があった地図と、その上に世帯主の名前が彫られています。
場所は震災遺構となっている請戸小学校からつながる道路、小学校の南側となっています。
ちょうど中浜行政区全体でも中心あたりに位置するということと、道路沿いで石碑の存在もしっかりと伝わり、立ち寄りやすい場所になったなどと川口区長がおっしゃっていました。

12年前、この場所にはお一人お一人の暮らしや人生があったことを、祈念碑の前であらためて思い、想像していただければ…と感じました。

▲集まった皆さんで記念撮影



機会があればぜひ、お立ち寄りいただければと思います。

津島で花植え活動

2023年6月10日

こんにちは、地域づくり支援専門員 今野です。

3月31日に避難指示が解除された津島地区の特定復興再生拠点にあるつしま活性化センター周辺で、町民の方や支援グループによる花植え活動が6月3日、おこなわれました。

津島住宅団地に入居された方と支援グループの方が、東日本大震災が起きて間もないころから知り合った仲という縁があり、今回の取り組みが進められることになりました。

支援グループは関東地方の大学教員や学生OBらで組織し各地の被災地で支援活動をおこなうハッピープロジェクトで、今回は3名の方が参加。

住宅団地からは3名の方が参加し、そのほか津島から避難されているご家族の方々や、入居者とつながりのある町民の方や浪江町出身者、川俣町の方などが参加され、あわせて15名以上で作業をおこないました。

マリーゴールドなどをプランターや花壇に植え、1時間ほどで作業は無事終了。

続いてつしま活性化センターの会議室を利用し参加者の交流会が開かれました。

自己紹介などで縁を深めながら、参加された方は

「住民の方と直接お話しできたり、津島と関われる機会になった」

「特定復興再生拠点の避難指示が解除され、集える場ができたのでにぎわいができればと思う」

「避難指示があって帰還が進まない場所でも、花が植えてあることで人がその場所に関わっているということが感じられて、良いことだと感じている」

などとそれぞれ感想を話しました。

私たちもお茶飲み会の実施などで交流の場づくりを今後進めていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

陶芸の杜おおぼりで13年ぶりの「大せとまつり」

2023年6月9日

こんにちは、地域づくり支援専門員 今野です。

6月3日、大堀地区にある大堀相馬焼物産会館『陶芸の杜おおぼり』が東日本大震災と東京電力福島第一原発事故以来12年ぶりに再開し、13年ぶりとなる「大せとまつり」が4日までの2日間開かれました。
常設の屋内展示のほか、入口に窯元や飲食物の販売などの露店が並び、多くのお客さんが訪れていました。

大堀地区はいまも帰還困難区域となっていますが、大堀相馬焼の里の窯元および『陶芸の杜おおぼり』は特定復興再生拠点区域に含まれ、今年3月31日に避難指示が解除されています。

初日の3日は午前9時30分より開所式が開かれました。

吉田栄光町長は「ようやく大堀再生の一歩となる。伝統を絶やさず受け継いできた。大堀相馬焼は浪江町の誇りであり、後世に引き継ぐ責任がある」などとあいさつしました。

大堀相馬焼協同組合の半谷貞辰(ていしん)理事長は「12年余り休館を余儀なくされた。再生には多くの課題が山積しているが、なんとしても伝統を後世につないでいく。13年ぶりにふるさとで大せとまつりが開催できて、私たちも心から嬉しく思う」などとあいさつしました。
報道陣の取材には「特定復興再生拠点で解除となり、これだけ多くのお客さんが足を運んでくれてうれしい。お客さんとのやり取りで対話も増えるし、顔も見える。人とのつながりが深くなると思う」などと期待を述べ「大堀相馬焼が300年も続いてきた地区での会館の再開は、感慨深い」などと話していました。

前大堀区長の半谷秀辰さんに感想をうかがうと「もともとの場所で再開したというのは、安心感が生まれるね」などとおっしゃっていました。

館内には『東日本大震災と原子力災害の記録』と称した常設の展示コーナーも設けられており、地震の被害で割れた陶器や、各窯元の被害状況の写真などが展示されています。

『陶芸の杜おおぼり』は金・土・日・月曜日および祝日の午前10時から午後3時までの開館で、当面は作品及び歴史資料を展示するほか、視察等の受け入れを行う予定となっています。

大堀地区の方が立ち寄り、昔を懐かしんだりしながら再会できる場所にもなるかと思います。『陶芸の杜おおぼり』が、皆さんのつながる場になることを期待しています。