なみえの今

標葉神社で8年半ぶりのお祭り

2019年4月11日

地域づくり支援専門員、今野です。

4月7日の日曜日、苅宿にある標葉(しねは)神社で震災と原発事故後初めてとなるお祭りが開かれました。
震災前は11月に開かれていたお祭りですが、今回は復興への願いを込め建立された祈願碑の除幕式も同時にあり、「復興祭」として開かれました。

 

 

 

境内では数名で談笑しながら記念撮影する姿が見受けられるなどし、町民の方が再会を喜びあっている声も聴こえてきました。

 

(苅宿、加倉の区長も役を務めるなど、地域の皆さんが協力し合う姿が印象的でした)

 

今回の復興祭では再興への願いを込めてつくったどぶろくが奉納されました。

このどぶろくづくりも8年ぶりとなりましたが、完成したどぶろくは参加された皆さんに振る舞うため、御神酒殿から氏子の方が大切に運び出しました。

直会(なおらい)では、どぶろくを味わいながら楽しそうに話す町民の皆さんの姿が印象的でした。

 

(御神酒殿からどぶろくを運び出す氏子の皆さん)

 

本殿で奉納された浦安(うらやす)の舞は本来は4人で踊るそうですが、これまで担っていた子ども達が世代交代し、今回は広く町内から集った3人の新たな踊り手の子ども達が、昨年末からこれまで4回練習して来た成果を披露しました。

可愛らしい巫女の皆さんの舞いは、このお祭りには欠かせないものでしょう。
近くもう1人増えるということで本来の4人となりますが、次のお披露目は秋の十日市の時になるそうです。

 

獅子舞も披露されましたが、苅宿地区、加倉地区と、2つの獅子舞を順に披露したのが印象的でした。

標葉神社は、この2つの地域を中心とした地域の皆さんの心の拠り所となっている神社なのだなあと、あらためて感じることができました。

 

(浦安の舞)

 

(苅宿地区の獅子舞)

 

(加倉地区の獅子舞)

 

氏子総代の長岡新一さんは挨拶で「ようやくここまでこぎ着けた。これからも地域の安全・安心を守る神社であってほしい」などと想いを述べました。

昨夏ごろ、ふらりと立ち寄った際の標葉神社は、震災直前に下げられた絵馬がそのままだったのが印象的で静まり返っていましたが、この日は大勢の皆さんで賑わっていました。
町の方に「今日はだいぶ、人も多いですね」などと話すと「震災前は、もっともっといっぱいだったんだよなぁ~」などと以前の様子を話されました。

 

しみじみと語られたその言葉に、「まだまだこれから、今日が始まりなんだなあ」と感じました。

地域の皆さんの想いが通じ、いつか以前のようなお祭りの姿を取り戻せればと思います。

 

 

 

春のお彼岸休憩所

2019年3月29日

こんにちは、地域づくり支援員の石橋です。

3月21日(木)、春のお彼岸に、立野地区のお寺でお墓参り休憩所を設けました。

上・中・下と3つの行政区を持つ立野地区ですが、それぞれの区長の提案と協力をいただき、行政区の垣根を越えてどなたでも立ち寄れる休憩所を開設することが出来ました。

場所は立野下の光明寺です。

当日午前7時過ぎ、テント設営のために休憩所のお寺・光明寺へ行ってみると、前日までにすでにお墓参りを済ませた方も多かったのか、墓前には生花がいっぱいでした。

午前8時の休憩所開始からしばらくはどなたもお見えにならず、もしかすると21日にお墓参りをする方は少ないのかもしれない、と心配していましたが、

午前9時を回ったころから少しずつお参りの方々が姿を見せ始めました。

車のナンバーを見ていると、遠くからお墓参りに来ている方が多いことに気づきます。

やがて光明寺のご住職も来てくださり、お馴染みさん、ご近所さんの会話に花が咲き始めました。

「どうぞ、よろしければ椅子に座ってお茶を飲んでください」

この日の墓参者の多くがすでに立野の我が家を解体した方々でした。

「立ち寄る家がないので、こういう場所を用意してもらえて本当にうれしい」

そう言いながら皆さんの口から語られたのは、うっそうと茂った竹林やフキノトウ、西から吹き付ける強い風と家の裏の防風林、境内のカヤの木そしてこの日も咲いていた庭の白梅。

故郷の美しい景色の記憶を誇らしげに話す方々を、きっとご先祖様たちはすぐ近くから微笑ましい想いで見つめていたのではないでしょうか。

 

 

 

 

室原の神楽を鑑賞

2019年2月28日

地域づくり支援専門員、今野です。

年が明け神楽や田植え踊りなど、伝統芸能の披露が多い時期に合わせてなのでしょうか、二本松市でも郷土芸能発表会がありました。

2月24日、二本松市民会館で開かれた「第21回にほんまつ伝統芸能祭」
特別出演として浪江町から室原地区の神楽が参加しました。

(出演前にステージ裏で待機する皆さん)

 

室原の神楽はこれまでも精力的に活動しており、昨年も浪江町内で開かれた十日市祭に出演しています。
しかし、苅野地区でも室原行政区は帰還困難区域のため、もともと住んでいた家には戻れない状況が続いています。

今回の演者の方々も、ステージでのインタビューで今住んでいる場所を答えると、一人一人福島県内のあちこちにお住まいでした。中には福島県外にお住いの方もいらっしゃいました。

 

この神楽は本来は八龍神社・秋葉神社の遷宮祭のほか、毎年正月の村祈祷で地区の家々をまわり、家内安全や無病息災を祈念して奉納されてきたものです。

 

披露を終えた芸能保存会の皆さんは「生活もままならない状態だったが、やり続けなければと思いがんばった。みんなが集まるきっかけにもなった」と話していました。

 

ステージで解説を務めた民俗芸能学会評議員の懸田弘訓さんが「神楽が絆を深め、室原という地域を残すものになった」と賛辞を述べると、客席から拍手が起きました。

 

地域内で世代交代するはずの神楽ですが、震災前からの担い手は既に40代から50代に達しています。皆さんにお話しを伺った際に「このままずっと、80歳ぐらいまでやるかもしれねぇどなあ」と、さらっと話されましたが、何とも言えないもどかしさを感じました。

しかし「地方の過疎化と高齢化、伝統芸能の継承」はこれから日本全国のあちこちで抱えていく問題で、浪江町の伝統芸能を考えることが実は日本の未来につながるものではないかと思っています。

 

「室原の神楽は震災後、いち早く復活した。この根性は凄い」と話した懸田さんによると、「浪江町だけでも30組の神楽があるものの、復活したのは4組程度」だということです。

 

(神楽を終えて、片付け中の皆さん)

 

行事ごとなど、1年の節目節目で地域に根差していた郷土芸能。

簡単に「復活してほしい」など言えない状況ですが、それでも残し伝えていけるように、私たちも何かお手伝いができないかと感じています。

 

 

安波祭が開催されました

2019年2月26日

こんにちは

地域づくり支援員 丹野です。
2月17日に請戸の安波祭(あんばさい)が開催されました。
安波祭は豊漁と海上の安全をいのる請戸地区の苕野(くさの)神社で行われている伝統的なお祭りです。

神社は津波で流され、まだ再建はされていませんが、昨年2018年には神社跡地でお祭りを再開。今回は震災以降に請戸で行われた2回目のお祭りです。
今年奉納されたのは神楽と田植え踊り、神楽では獅子頭を被り、舞を披露していきます。

躍動感あふれる動きをカメラに収めようと、みなさんいっせいにシャッターを切っています。
踊りの途中には獅子が観客の皆さんに噛み付き、周囲からは笑い声と歓声が起き、とても印象的でした。

神楽に続いて奉納されたのは、田植え踊り。
まず最初に目を引いたのが、明るく華やかな衣装。天気も良く、太陽がさしていたこの日には良く映えて、とても美しかったです。

大学生から、小さい子は幼稚園まで歳の差がある中、調子を合わせ、リズムよく、歌に合わせ一生懸命に踊ります。「まだ小さいのに、あんなにきれいに踊ってすごいな…」そう私が一緒に見ていた方とお話をしていると「一番小さい子だってもう1年近くも練習してるんだよ」と教えてもらい、びっくりしました。

震災前、踊り子は小学生で構成されていましたが、震災後、請戸の皆さんはバラバラに避難し、田植え踊りを引き継いでいくことが難しくなり、震災当時の子供たちが大学生になる今でも踊り続けている、そんな経緯があります。

お祭りの後、この行事を支えてきた芸能保存会の方とお話しする機会があり、「今日まで安心して眠ることが出来なかったよ」とほっとした表情でおっしゃいました。

たくさんの人がこのお祭りに特別な思いを抱き、伝え、残そうとしており、伝統芸能の素晴らしさ、そして習得し伝承していく困難を少しだけ知ることもできました。

今回、安波祭に集まった皆さんは避難先から来た人も多く、大きな声で「ひさしぶり!どうしてたの!」と再会を喜ぶ姿もありました。それを見て、伝統芸能はその地域の皆さんを結びつける大切なつながりのひとつなのだと実感しました。

町民のみなさんからは伝統芸能の復活を望む声も多く聞こえてきます。伝統芸能の維持、復活のお手伝い、私たちが少しでも協力していければと思っています。

南津島の田植踊りが披露されました

2019年2月16日

地域づくり支援員、今野です。

2月3日、南相馬市の民俗芸能発表会が市民文化会館ゆめはっとで開かれました。
13回目を数える今回は初めて、南相馬市外の団体もゲスト参加しました。

浪江町からも「南津島の田植踊り」が出演しました。
震災と原発事故後に大勢の観客の前で披露するのは初めてとなり、貴重な機会となりました。

 

(本番まで楽屋で待機する皆さん)

 

田植踊りという民俗芸能は浪江町内でもいくつかあって、津島地区全体としても4つの田植踊りがありますが、それぞれに微妙に踊りも違うそうです。
震災と原発事故前であれば、披露の時期が近づくと同じ地域内に住む方々が夜集まって練習するなどし、高齢化や若い世代の減少といった問題を抱えていたとは言え、なんとか民俗芸能が継承されてきました。

しかし、震災と原発事故で散り散りに避難したことで、そういった練習の機会を設けるのも困難な状況です。

これは浪江町はもちろんですが、福島や東北の被災地が持つ大きな課題です。

 

そんな中「南津島は民俗芸能を伝えていこうと頑張っている」「我々も見習わないと」などと言ったお話しを、いくつかの場で耳にしました。

 

発表会の数日前、南津島郷土芸術保存会の会長を務める三瓶専次郎さんにお会いし、お話しを聴く機会がありましたが「”踊りを伝えていこう”といった声掛けはしたものの、いちばん踊れる人が遠くに避難していたり、集まるのも難しい状況だった」「そんな中、南津島上の紺野宏区長がその役を継いでくれた」など、ご苦労を話されました。

 

 

(久々となる踊りの披露に、観客の目が釘付けです)

 

南津島の田植踊りは昨年1月に、踊りや衣装の記録化(映像撮影)をおこなうために踊りを披露していますが、一般聴衆の前での披露は震災以来です。

年が明けて1月の日曜日は毎回、二本松市に集まって練習をしていたそうです。そんな中でも「みんなで集まったり、昔のことを話すのは楽しいし、津島にいた頃のしゃべり方で話している」などとおっしゃっていました。

 

 

この田植え踊りは本来、旧暦1月14・15日の両日に津島地区の4地区で行われるもので、県の重要無形文化財に指定されています。

 

 

踊りは、鍬頭(くわがしら)の口上に始まり、稲作の工程を唄と踊りで表現するもので、五穀豊穣や無病息災などを願っています。

本来は男性のみの構成ですが「このような状況でやむを得ず、女性の踊り手に入ってもらい助けてもらった」と三瓶さんはステージでインタビューに答えていました。

 

(終演後インタビューに答える踊り手と三瓶会長)

 

そして、その踊り手の女性は「兄がずっとやっていて、うらやましく感じていた」「この機会にとばかり、踊りに入れてもらったんです」と嬉しそうに話していました。

 

民俗芸能の継承については、全国のあちこちでも課題を抱えているかもしれませんが、このような「前を向こう」「伝えていこう」と感じられる言葉に、感動するとともに心強さを感じました。

私たちも応援していきたいと思います。