なみえの今

タイトルをクリックすると個別の記事のみご覧いただけます。

らいふく自治会 消火訓練

2021年10月8日

地域づくり支援専門員の引地です。

浪江町は、空高くさわやかな日々が続いています。

ただ朝晩は涼しくなり、乾燥の季節が近づく気配を感じます。

そんな火の元に注意する時季の前に、幾世橋住宅団地らいふく自治会では消火訓練を実施しました。

2020年4月に発足したらいふく自治会ですが、コロナの影響で設立総会はもちろん、行事やイベントもほぼ開催できずにいました。今回は浪江消防署の協力のもと、屋外でかつ短時間で行えるよう消火訓練を計画し、広く住民に呼びかけ開催へ至りました。


10月2日(土)13時45分、 集会所前に住民が集まりだし、自治会役員が受付と検温を行います。

「あら!○○さんじゃない~」「久しぶりに顔見た!」こんな会話が聞こえてきました。

同じ住宅団地にいてもコロナでの自粛期間が続き、散歩などでも顔も合わせなくなっていたようです。


14時、自治会長の挨拶・消防署からの説明の後、さっそくスタートです。


火の根本をめがけてホウキで掃くように、がコツのようです。


「お先にやってみてー」「まだやってない人ぜひ!」など声をかけながら、参加者21名順番に水消火器を体験しました。

最後に消防署から「皆さん、思いのほか消火器の手順がしっかりできていて驚きました。いざという時に消火器をすぐ使えるようにすることはもちろんですが、まずは火を出さないことが大事です。これからの季節、特に注意しましょう。」と総評をいただきました。


解散後、参加者の感想を伺いました。

「消火器の使い方、何度かやったけど忘れてたわ。定期的にやらないとダメね。」

「訓練もそうだけど、皆さん久しぶりに顔を見たから嬉しかった。元気そうでよかった。」

自治会長も「やはり、晴れている日に外で集まるのはいいね。時々こういう機会つくりたいし、みんな早くマスクを取って会いたいね。」と仰っていました。

短時間ではありましたが、青空の下で学び、何よりも久しぶりに顔を合わせお喋りの時間をもてたことが、大きな収穫だったのではと思います。

らいふく自治会の皆さま、お疲れ様でした!

稲刈りの季節です

2021年10月5日

こんにちは、地域づくり支援専門員の今野です。

浪江町内でも稲刈りの時期を迎えています。
苅野地区でも9月下旬ぐらいから作業が進められています。

苅宿行政区では生産組合の”苅宿ふれあいファーム”の皆さんがコンバイン2台で手分けして稲刈りを進めていました。見学したのは平日だったため、集まれる方6,7人で作業をおこなっていました。土日は集まりやすいということですが、生育状況や天候などにも左右されるため、思うような日に稲刈りはできないようです。

苅宿の田んぼの真ん中あたりに今年、大規模乾燥調製貯蔵施設のカントリーエレベーターが整備され、落成式のあった9月22日から稼働しています。
ふれあいファームの方にお話を伺うと「コンバインからコメを積んだトラックでそのまま運び入れればよいから、かなり楽になっている」とのことでした。

松本伸一組合長にお話を聞くと「耕作を放棄せざる得なかった後に除染作業で田んぼに凹凸ができたことで、水はけが悪いところや雑草が生えやすいところなどが出来てしまっている。収量などに影響するかもしれない」ということでした。震災と原発事故の影響で中断せざるを得なかったコメづくりは、なかなか難しい面もあるようです。

苅宿の今年のコメの作付けは15町歩で今後の目標は30町歩になっていますが、この日も多くの方が町外の避難先から駆け付けての作業であることなど、作付面積の拡大に向けては人手の問題を抱えています。

カントリーエレベーターに納めるコメとは別に、自分たちで乾燥、籾摺りするコメも確保し、苅宿のブランド米として販売する計画です。浪江町の新たな産品としておいしいお米、期待しています。


同じく苅野地区の酒田行政区の田んぼでは、町の教育委員会による自然体験学習”子ども週末チャレンジ”の取り組みとして10月2日(土)に児童が稲刈り体験をしました。JA福島さくら青年連盟と半谷好啓区長、区長の息子さんらが協力し実施しました。

なみえ創成小学校から7人が参加し、鎌を手に稲刈りなどを体験。お昼には保護者らとともに、新米をおにぎりにしてみんなで味わいました。元気な「おかわり!」の声も聴こえていました。

▲記念撮影でシャッターを切る時のみマスクを外しました

今年は今までのところ大きな台風被害等もなく、秋晴れの穏やかな日に浪江町内でも稲刈りが進んでいます。


今年の田植えの様子は以下のタイトルをクリックしてください。

今年の田植え<苅宿編>
今年の田植え<藤橋編>
今年の田植え<西台編>
今年の田植え<加倉編>




4年目のお墓参り休憩所、西台

2021年9月28日

こんにちは。支援員今野です。

9月19日(日)、20日(月祝)の2日間、西台行政区の共同墓地前でお墓参り休憩所を実施しました。

今年も新型コロナウイルスの影響で、お盆の時期に予定していた請戸(大平山霊園)樋渡・牛渡(公民館)のお墓参り休憩所は中止の判断をしましたが、西台では区長と相談し、対策をとって実施しましょうということになりました。当事業の活動においてはこのように、中心となる人たちと相談しながら、それぞれに考えて判断しています。

西台では検温や消毒、名簿記入へのご協力や間隔を取ったイスの配置、パーティーションの設置など、コロナ対策に努めました。

今年の彼岸の入りは20日でしたが、19日が日曜日なこともあり、19日と20日の2日間で実施。
「会うのは震災以来だね」「久しぶり!」「会えてうれしい、感激」などといった会話が今年も聞かれ、初日は14名、2日目は25名の方がご利用されました。

開催日前には恒例となった、会場となる屯所のお掃除を行政区の皆さんで実施しましたが、これまでで一番大掛かりになりました。

浪江町では防災コミュニティセンター整備事業が進められており、以前の消防屯所は多くが解体されています。2年近く前に集会所を解体した西台行政区では町から払い下げを受け、屯所を集会所として活用していく考えで、手続きを進めています。
投函されたチラシを見たり、呼びかけられた役員の方など大掃除には13名が集まりました。

▲獅子頭や神楽の衣装なども出てきました


スッキリ片付いた座敷は10畳の広さで、ホワイトボードや黒板も設置し、集会所として十分に活用できそうです。
ポンプ車が入っていた車庫は車を撤去し、倉庫のように使用。備え付けた棚に折り畳みテーブルやパイプイス、獅子舞や盆踊りで着たハッピなど様々なものを移し入れました。

今年は車庫内を活用したこともあり、例年2張りしているテントが1張りで済むなど、休憩所の準備も楽になりました。

「これからはここに集まれる」「お茶飲みできるね」などの声も聴かれ、さっそくお茶道具や電気ポットも持ち込まれていました。住民の方からは、片付け中に出てきたハッピを見て「もう1度みんなで盆踊りやりたいなぁ」などの声もありました。

コロナ対策をとって、地域の人が集まれる場となるよう期待しています。

▲車庫内もスペースとして活用した今年のお墓参り休憩所


片付け中にポータブルのレコードプレイヤーが出てきました。盆踊りのレコードも数枚一緒に保管してあり、震災前におこなっていた盆踊りでは、このプレイヤーでレコードをかけたものをマイクで拾って、それに合わせて盆踊りをしていたそうです。

確認すると問題なくレコードが再生できました。

まだまだ帰還されている方も多くはありませんが、いつの日か盆踊りが再開する姿を見られれば嬉しいです。


昨年の西台行政区お墓参り休憩所の様子はこちら→「お墓参り休憩所を実施しました」

盆踊りが盛んだった浪江町を伝えるなみエール第6号はこちら→「“なみエール”第六号を発行しました」





権現堂 秋の消毒散布

2021年9月20日

こんにちは、地域づくり支援専門員の岸本です。

権現堂地区では春と秋の年2回、ハエや蚊などの駆除を目的に消毒散布に取り組んでいます。

震災前から取り組まれ、畑や田んぼを持たない地域ならではの活動だと伺いました。

今年はコバエが大量発生し住民からの要望があったため、急きょ夏場の8月にも消毒散布を実施。そして、3回目となる今回は、9月13日から15日までの3日間で行われました。

参加者は、権現堂地区の区長や有志の町民の方に加え、町内で活動する団体や東京電力の社員の方。また、今回初参加として、町内でお仕事をされているお二人の方がお手伝いに参加されました。

▲初参加の方のために、電動噴射機の使い方をレクチャーするところからスタート

2チームに分かれて、権現堂1区から8区までをくまなく歩き回ります。歩数にすると1日あたり約2万歩。

日中の時間帯に権現堂地区を歩くことで新たな気づきも生まれ、地域課題を考えるきっかけにもなりますね。何より、ポイント、ポイントで区長が話してくださるプチ情報が大変参考になりました。

▲空地は草むらと化しており、虫が発生する原因になるため、念入りに散布していきます
毎年参加され、熟練の域に達している町民の方。頼もしい存在です
▲女性も大活躍です!

最終日は、電動噴射機が一台壊れてしまったため、1チームは消毒散布、もう1チームはごみ拾いを実施しました。

ごみ拾いは、サンプラザ跡地や陸橋の法面などを集中的に行いました。特に空き缶や空きビン、タバコの吸い殻が多く、一部ではマスクのポイ捨てなども見られました。

地域の環境美化活動としてのごみ拾いは、コロナ禍により「以前よりもやりづらくなってしまった」という声が聴かれる一方、権現堂地区を歩いてみて定期的なごみ拾いは必要だと改めて感じました。

▲1時間ほどごみを拾うと、袋いっぱいになりました

権現堂1区の佐藤秀三区長も「消毒散布だけでなく、ごみ拾いも活動のなかで一緒にやってもいいね」と、今後の活動について示唆されていました。

当たり前の日常は実は当たり前ではなく、誰かの下支えがあって成り立っているということを強く感じます。

そういった方々が高齢化し、当たり前の日常を守っていくことさえ難しくなってきていると感じてもいます。

ぜひお力をお貸しください。皆さんの力で地域を守りましょう。

今年1回目の権現堂防犯まちあるき

2021年9月5日

こんにちは、支援員今野です。

8月27日(金)に今年は初めてとなる権現堂地区の防犯まちあるきが開かれました。
権現堂区長会で主催し、屋外でおこなわれる取り組みではありますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から昨年度までに参加された団体にのみ声がけし、一般に広く周知を図らない中で開催されました。

<昨年度の様子はこちら>
権現堂 防犯まちあるき(令和2年7月13日)
令和2年度第二回目 権現堂防犯まちあるき(令和2年10月1日)


そうは言うものの役場職員の方や警察署の皆さん、各復興支援団体などから合わせて20名を超す参加があったため、密を避けるために10名ずつぐらいにグループ分けをし、2つのルートでの防犯まちあるきが実施されました。

午後5時40分、まだ明るいうちに浪江町役場前に集合し、検温や体調確認などを済ませます。

権現堂1区の佐藤秀三区長の挨拶でスタート。

▲グループ分けの指示など聞く皆さん


1つのグループは新町通りの手前までの東西の縦長のルートを軸に、道の駅なみえの西側・常福寺から請戸川の手前まで足を延ばすコース。

もう1つのグループは役場西側から警察署の裏あたりまでを細かく網の目のようにまわるコースです。

それぞれ2キロ弱のコースを1時間近くかけて丁寧に歩きました。

▲側溝蓋のがたつきは、歩行時などの転倒の原因になります
▲小魚の住処となっている水路を確認
▲ルート図を見ながら歩きます
▲アパートや新築の家なども多い地区です


個人宅が社宅となり新たに住まわれている方や、管理されていない草むらが出来てしまったりと、街なかの景色も日々変化していることをあらためて感じました。

歩きながら区長同士で「帰って来ている家、空き家・・・実際に自分で歩いてみないとわからないもんだねえ」などといった会話も交わされていました。

まだ8月とはいえ、終わる頃にはだいぶ暗くなっていました。

▲終わる頃にはだいぶ日も落ちていました


参加された皆さん、お疲れ様でした。
権現堂区長会では、年内2回目の開催も検討するとのこと。まずはコロナが落ち着いて、一般住民の方も自由に参加できるようになればと思います。「火の用心」などの掛け声が、拍子木の音と一緒に聴こえてくる「夜回り」が定期的な活動になっていって、より安心して住める街が住民の皆さんでつくれれば素敵だろうなと、そんな風に感じました。