なみえの今

タグ: ,

避難先でつながる、サークルりんどう

2018年12月7日

こんにちは、地域づくり支援専門員の今野です。

先日、本宮市で活動している手芸の会「サークルりんどう」を訪ねて来ました。

 

サークルりんどうは震災後にできたグループで、本宮市や大玉村に避難した浪江町の人で結成されました。

震災前から親しい間柄というよりは、震災後に避難先でサークルを通して親しくなった皆さんによるグループだそうです。

リーダー役を務めている佐々木光恵さんが暮らしていた津島の昼曽根地区は原発事故により帰還困難区域となってしまい、未だ避難生活を余儀なくされています。
避難先となる本宮市の借り上げ住宅では倉庫を開放し「いつでも気軽に集まれる場」としてサークルりんどうの活動を原則月に1回開いています(しかし、倉庫は集まれる場としていつでも開放しているそうです)。

 

11月の活動日となったこの日は女性会員10名のうち6人が集い、それぞれにお手玉づくりや編み物、マスコットづくりをしていました。

お喋りする内容も近況報告であったり昔のちょっとした思い出話し等々、皆さんが自由にあちらこちらでお話ししている感じでした。

 

 

「大きすぎない規模の会で、一人一人がそれぞれの作業に没頭しても構わないような自由な集まりの場」と光恵さん。「こうして集まるのを楽しみにしているの」と皆さんおっしゃってました。

浪江の十日市祭も、サークルりんどうがお店を出す目標となるイベントなので、この日も忙しそうに、でも楽しく和気あいあいとそれぞれの作業に取り組んでいました。

 

 

そして十日市祭が開催された11月24日。
サークルりんどうのブースを訪ねると、お客さんとやり取りする皆さんの姿がありました。

 

 

「手芸関係の出店はほかにも多いから、ちょっと違いを打ち出してお客さんを引き込まないと」ということで、この日はマフラーや帽子といった冬物を意識的に押し出してみたそうです。「でも今日は暖かかったから、あまり売れなかったなあー(笑)」と、それでも楽しそうに話す光恵さんです。

 

「十日市祭は作品を披露したり売ったりする楽しみもあるけど、浪江町の人に会えるのも大きな楽しみ」「知っている人に会えるのが嬉しい」と皆さん話していました。

 

 

手芸品やイベント出店などを通した、ちょっとしたやり取りで気を張らずにつながれる、そんな場が求められているのだと思います。

避難を強いられながらも、このように町民と町民がつながっていく場をつくっている「サークルりんどう」。

私たちも、こうしたつながりがずっと続いて、強く太いものになっていくよう応援できればと思っています。

 

なお、サークルりんどうでは「会に混ざりたい」という人がいたらいつでも歓迎しているということでした。

興味がある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ふるさと大堀に集まろう! 大堀小学校の草刈とふるさと料理教室

2018年11月30日

こんにちは

地域づくり支援専門員の丹野です

 

11月17日(土)大堀小学校にて草刈りとふるさと料理教室が開かれ、

私たちも地域づくりの一環として参加させていただきました。

 

大堀小学校は避難指示解除区域に含まれるものの、原発事故後休校となっており、校庭には雑草が生え、荒れ放題となっていました。

 

そんな中、大堀地区全体で集まる機会を創出し、つながり続けるきっかけにしようと、畑川行政区 齊藤基区長をはじめとした有志の方々によって

「ふるさと大堀に集まろう!」が実現しました。

朝早くからの集合だったにもかかわらず、実に80人にも及ぶ方々が参加してくれました。

町外からこのイベントを楽しみに来てくれた人も多く、ところかしこで「久しぶり!元気にしてた?」など再開を喜ぶ姿もありました。

斎藤区長のご挨拶も終わり、各々が道具をもって我先にと、どんどん草刈りをしていきます。

お昼までかかる予定でしたが、参加された皆さんの頑張りにより、予定よりも早く終わりました。

草刈りの次は料理教室。今回の料理はお餅と芋煮。

お餅はみんなでついたつき立てのお餅。芋煮は料理自慢のお母さんたちから学び、みんなで作った絶品。

参加者の皆さんの話では、大堀では昔から、たくさんの人が集まるイベントでお餅がふるまわれることが多かったそうです。

昔は甘いものが少なく、あんこやきなこをたっぷり使った甘いお餅はみんなに喜ばれ、おめでたい席には欠かせない一品だったと聞きました。

 

草刈と料理教室の後はお楽しみの食事をしながらの交流会。

みんなでテーブルを囲み、つきたての美味しいお餅と熱々の芋煮を頂きました。

昔話にも花が咲き、「大堀小学校でこんなことをした。」

「山では山菜、川では魚を取り自然を満喫していた。」と思い出を話してくれる方もいました。

雑草が生い茂っていた校庭は見違えるほどきれいになり、小学校はかつての姿を取り戻すことができました。

 

参加した皆さんの感想を聞くと、
「自分の通っていた小学校をきれいにすることができて、本当に良かった。」

「また雑草が生える夏にもう一度集まろう」という声を聞くことが出来ました。

 

参加していただいた方々の、ふるさと浪江で何かしたい、地域のつながりを保ちたい、そんな気持ちが感じ取れるイベントだったと思います。

 

 

 

 

10月20日(土)酒田地区にてクリーン作戦を実施しました!

2018年10月22日

地域づくり支援専門員の今野です。

10月に入り毎週末に実施して来たクリーン作戦。3回目となる今回は、酒田地区で開催しました。

クリーン作戦の実施にあたっては、地域に居住している方を直接訪ねてチラシを渡したりポストに投函したり、また、タブレットに掲載するなどしてお知らせしています。

加えて今回は酒田の大越区長が、少し前に開催された稲刈りイベントの際に集まった住民の方へ話してくださったりなどもあり、可能な限り周知を図れたかと思います。

 

…とは言うものの、酒田地区も住民の帰還はまだまだ多くはないことから、当日までは「果たして何人ぐらい集まってきてくれるのだろう…」と不安ではありました。

しかし、集合時間が近くなると一人、二人と、皆さんあちらこちらから集まって来てくださいました。

 

 

およそ20人近くになったことから「作業の効率化を図ったほうがいいかなぁ」と思い “二手に分かれて作業する” ”何人かは残って集会所の周りを掃除する”など、ごみ拾いの周り方を大越区長に提案しましたが…

 

「まちづくりなみえから相談をもらって説明を受けた際、このクリーン作戦は、住民のみんなが顔を合わせたり交流することが主旨だと理解しました。大人数で動くのは合理的じゃないかもしれないけど、今回は本来やろうとしていた”みんなで一緒になったごみ拾い”で良いと思いますよ」と話されました。

 

あたたかいお言葉をいただき、今回はみんなで酒田の集会所からぐるっと1時間程度、ごみ拾いをしました。

 

 

 

作業中、家の前を通りながら「ここが我が家。お茶飲みに来て」などのやり取りもあったようです。

終わってちょっとした懇親会となり、一人ずつ自己紹介です。

 

 

皆さんからは
「避難指示解除後、真っ先に帰って来て住んでいるが、今日はみんなの顔が見れてうれしい」
といった感想や
「震災前に酒田に転入して来たが、地域にとけこむ前に散り散りになった。これからよろしくお願いします」
といった、あらためましてのご挨拶。

また、沿岸部で被災し転入した方がご家族で参加されていたり…等、地域の皆さんの交流の場となっていました。

タブレットを見て、町外の現在お住まいである家から駆け付けてくださり「楽しみに来ました」の声を頂いたのもうれしかったです。

 

皆さんの力で、集会所や地域の道路がきれいになりました。

今回のクリーン作戦をきっかけに、地域の交流や活動が生まれていくといいなと感じました。

引き続き、地域と共に考え、行動していきます。

 

 

 

西台でお墓参り・憩いの場づくり

2018年9月27日

地域づくり支援専門員の東山です。
秋分の日を迎え、猛暑の夏から比べると気温もぐっと下がり、
町内にはあちらこちらに彼岸花が見受けられるようになりました。

 

 

私たち地域づくり支援専門員は9/22(土)、23(日)の2日間、
お彼岸のお墓参りに来られる方々にむけて、苅野地区西台の共同墓地そばで
憩いの場・再会の場となりゆっくり語り合えるよう、
消防屯所をお借りし(その前でテントと椅子を設置し)飲み物を提供しました。

 

この取り組みは、区長や町民の皆さんのお話を伺うなかで、
帰還がなかなか進まない状況がある一方、お墓参りに来ることが、
町民の方々が顔を合わせる数少ない機会になりつつあることが分かり
それならば、お墓参りの後に交流の場を設けようと考えたものです。

お盆に町営大平山霊園で開催(http://www.mdnamie.jp/blog/403/)したのに続き、
2カ所目の取り組みとなりました。

 

 

テントの下はお参りに来られた方々の再会の場になっただけでなく、
それぞれのいまの暮らしや町の変化、町内でのイベントについてなど、
「生の声で地域を感じたり情報交換をする場」にもなっていました。
また、西台の大倉区長を中心に、集会所や行政区についての話題も上がりました。

 

 

「また来年もこういった場所をつくって」と言った声や
「ここにいると誰かしらに会えるわ」
「この場所があるのとないのとでは違うな」
などと言ったお声をいただきました。

 

 

この2日間の合計で100名近くの方に立ち寄っていただくことができました。
私たちはこれからも
こういった町民の皆さんが交流できる場を作っていきたいと思います。

 

 

 

再建へ向け八坂神社で地鎮祭

2018年9月13日

地域づくり支援専門員の今野です。

東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から、7年半が過ぎました。

町内の「つながり」を考えていく上で、ヒントになる一つがその地に根差した古い歴史のある神社やお寺なのでは、と思います。
初詣であるとか、お札をもらいに行ったり、小さなお祭りがおこなわれたりと、そのいずれもが周辺の地域や住民と太く関わりを持つ面がある…と言えます。

 

浪江町内の神社仏閣を見渡すと、7年半たっても修復が進まず、加えて境内が荒れていたりと、その姿に心を痛めずにはいられません。

地域の氏子の皆さんや神社、お寺の方も、もちろんそのままで良いとは思っておらず、しかし避難指示が解除されるまでは何もできないという状態が続いていました。

そして避難指示が解除されたものの、どのように再建していくかなど意見をまとめていくにも集まるのが難しく、大変な状況が続いていると思います。

 

しかし、最近少しずつ動きが出てきた場所もあります。先日9月13日には樋渡牛渡地区にある八坂神社で地鎮祭が執り行われました。

 

 

3年前には再建準備委員会が立ち上がり、崩れた神社の前で神楽を奉納するなどしてきましたが、社殿を取り壊し更地になった元々の場所で、再建委員会の佐藤安男委員長や鈴木辰行樋渡牛渡行政区長、氏子の方々や工事関係者が出席し、鍬入れなどの儀式をおこないました。

 

佐藤委員長は「神社が再建すればふるさとの復興の一歩と、新たな歴史になると思う」と期待を込めて挨拶しました。

 

 

鈴木区長に想いを伺うと「住民にとって、心をつなぐ拠(よ)り所の神社。帰還するのが難しい事情があっても、町に来た時に眺めるなどして、帰りたいなあと思ってもらえれば」などと話されました。

八坂神社は来年6月に完成し、7月には例大祭も予定しているとのこと。

 

 

北幾世橋の初発神社と兼務する田村貴正禰宜(ねぎ)は「住民の皆さんが再建に向けて頑張った」と敬意を表し、また初発神社については「5月から修理が始まった。お参りやお祓いが受けられるよう、神社を直さないことには始まらない」「地域の人々の宝である神社を残さねば」など、再建が始まった両神社へ向け想いを語りました。

修理を進めている初発神社は年内には竣工する予定だそうです。

 

(修理が進む初発神社/2018年8月撮影)

 

将来的にはいくつかの神社が再建されていくでしょう。
そしていずれはお祭りや盆踊りも復活し、住民の皆さんの再会の場になるかもしれません。
可能な限り、私たち地域づくり支援員も地域の皆さんの集う場ができるよう、サポートしたく思っています。

 

地域の再生へ向けては難しさも日々感じています。しかし、住民の方が少しでも「日常を取り戻せた」と思えるような、そんなお手伝いをしていきたいと思います。