なみえの今

タイトルをクリックすると個別の記事のみご覧いただけます。

冬の伝統行事 裸参りについて➀

2021年12月10日

こんにちは、地域づくり支援専門員の岸本です。

12月に入り、日を追うごとに寒さが増してきました。今回は、浪江町の冬の伝統行事である「裸参り」についてご紹介します。

 

1年間の無火災を祈る「裸参り」は、町の無形民俗文化財に指定されており、毎年旧暦の1月8日に行われ、初春の恒例行事となっています。
安政6年(1859年)に町内の繁華街が大火に見舞われたため、火災が広がらないように街並みを変えたことなどが由来と伝えられています。
裸参りは、白装束姿の若衆が、目抜き通りを掛け抜けるときに、沿道に集まった大勢の町民がバケツに用意した冷水をひしゃくで若衆に浴びせ、1年の無火災を願うもので、伝統の風物詩となっています。現在は、浪江町消防団第一分団第一部により継承されています。(浪江町ホームページ より引用)※2021年12月現在、休止中です。

▲権現堂字本城を駆け抜ける人達(原中様提供)

 

裸参りに参加したことがあるという浪江町内在住の60代の方にお話を伺うと、「30代の頃に2回ほど参加したことがあり、当時は浪江消防団第三部に所属していた」とのことでした。

裸参りに参加した時の様子については、このようにおっしゃっていました。

「ひとしきり水をかけられているときはまだ良いが、雷神社が近づいてくると途端に水をかけてもらえなくなり、冷え切った身体に風があたって辛かった」

「それでも、不思議と嫌だったという気持ちはない。辛さを乗り越えて頑張ったからこその、達成感があった。終わった後に入るお風呂は最高だったな~。お風呂の湯がすぐぬるくなってしまうので、何度か沸かしてもらって入った。良い思い出になっているよ」

と、当時の様子を振り返り、笑顔で話されていました。

また、裸参りのチラシやテレフォンカードを大事にとっている町民の方もいらっしゃいました。

▲平成23年2月10日開催 裸参りのチラシ
▲裸参りの走路(平成23年2月10日開催時)
▲裸参りの写真を使ったテレフォンカード

東日本大震災から間もなく丸11年を迎えようとしています。震災後も、火防祈祷だけは続けられており、毎年旧暦の1月8日には浪江町消防団員が浪江神社に参集して祈りを捧げています。

引き続き、裸参りについてブログで発信していきます。

ブログを通して、かつてにぎわいを見せたあの日を少しでも思い出していただければ幸いです。

苅宿、花植えとちょっとしたにぎわい

2021年11月29日

地域づくり支援専門員の今野です。

11月21日、苅宿行政区では恒例となった苅宿環境保全会主催による花植えがこの秋もおこなわれました。

雨の心配もなく秋晴れの中、新型コロナウイルスが少し落ち着いているおかげもあってか、今回は30人以上の地域の皆さんが集まりました。

避難先などから駆け付けた方も多くいらっしゃいましたが、この日は小さなお子さんや親・子・孫の3世代でご参加されているご家族の姿もあり、昨年以上に賑やかで楽しそうな雰囲気を感じました。

小さな子ども達も、花を取って空になったポットを走り回って集めるなどし、元気にお手伝いをしていました。

「白い花余ってるの、こっちに植えっとー」「先に穴掘ってー」など、作業の指示とともに終始マスクを通した話し声が聞こえる花植えとなりました。

パンジーやビオラなど、赤・白・黄・青・・・鮮やかな花を綺麗に植えていきました。昨年までと同じ2400株ほどを、1時間強で植え切りました。

30人以上の手にかかれば作業も1時間とあっという間ではありますが、見事な花壇が今年も誕生しました。

5年ほど前からちょっとした名所となっているとは思いますが、お近くを通る際は車を停めるなどし、綺麗な花々をぜひご覧いただければと思います。

よそ見運転はしないよう、くれぐれもご注意ください。

作業終了後、生産組合”苅宿ふれあいファーム”の会員の方から「田植えと稲刈りに来てくれたから」ということで今年の新米をいただきました!
精米し早速いただいてみましたが、お世辞抜きに粒が立ってツヤツヤで、とてもおいしいコシヒカリでした。

人手など、様々な課題を抱えている地域の営農でご苦労も多いと思いますが、来年のコメづくりもまた楽しみになってきました。

昨年の様子はこちら→「苅宿環境保全会による花植え活動」

今年の苅宿の田植えの様子はこちら→ 今年の田植え<苅宿編>
今年の稲刈りの様子はこちら→ 稲刈りの季節です




浪江の生産者 農産物品評会より

2021年11月25日

こんにちは、地域づくり支援専門員の引地です。

11月秋晴れの週末、道の駅なみえにて第1回の農産物品評会が行われました。

野菜の部・果物の部・花卉の部・おもしろ野菜の部があり、浪江の農家の皆さんが育てた

表情豊かな農産物38点が並びました。

今や浪江を代表する玉ねぎ『浜の輝』や、スッときれいなネギなど。産直の主役が揃います。

▲町長賞『浜の輝』
▲ビッグ白菜、支配人賞受賞です

負けじと、おもしろ野菜たちが場を盛り上げます。


そして、こんな人参も発見。名前が「ナイスキャッチ」とはナイスネーミング!

前日に、大谷翔平選手がMVPを獲得したニュースが流れました。

この人参を眺めていたお客様は「大谷選手おめでとう!と書いてもいいね~」と笑っていました。


表彰式では出品した農家の皆さんも揃いました。

時々産直をのぞくと、地元の生産者の方の名前が増えてきた気がします。この方も出しているんだ、この野菜もつくっているんだと、嬉しくなりますね。

10月末から出荷し始めた方もいて、品評会でも受賞しています。

また、毎朝自転車で野菜を出荷している生産者の姿も見ます。雨の日はカッパを着て自転車をこぎ、ほぼ毎日いろんな種類の野菜を納品し、産直売り場に彩りを加えています。


そして、まだ町内で農業再開が叶わない状況の中でも、毎日トラクターで土地を耕している方、避難先で農業再開し浪江町に出荷している農家の方もいます。

このような生産者の皆さんが、道の駅だけではなく町全体の土台をつくり、盛り上げているように感じます。

会ってお話すると、こちらが元気になる理由がわかりますね。


「今日は○○さんの白菜で鍋にしよう!」

食卓で生産者の名前がでる、こんな会話が広がるといいなと思っています。


西台行政区、クリーン作戦と集会所

2021年11月9日

こんにちは、地域づくり支援専門員 今野です。
西台行政区では11月の恒例行事となった、クリーン作戦が今年も実施されました。

町から払い下げを受け、消防屯所を集会所として活用していく西台では梅松悟副区長いわく「集会所としては初めて今回活用する」とのことで、クリーン作戦前の打合せも室内でおこなわれました。


打合せでは限られた人数で4ルートに分かれ、手分けして地域内のゴミを拾っていくことになりました。


ゴミ拾いと同時に、行政区で手入れしている花壇もシーズンが終わったということで、片付けをしました。

小一時間ほどゴミを拾ったら再集合。ゴミの分別をして終了です。

終了後、今年は警察署の方による交通安全と防犯についての呼びかけ、役場の防災安全係より洪水ハザードマップの説明と来春に出来る防災コミュニティセンターについてのお話しなどが、室内でおこなわれました。


既に電気・水道も自由に使えることから、ポットを使い、温かいお茶もふるまわれました。

「網戸も直して綺麗になったから」「お茶飲みしたいから使いたい、という時は言ってね」と区長・副区長から皆さんに伝えられました。屯所が本格的に、西台行政区の集会所に生まれ変わったという感じを受けました。


2021年11月現在、新型コロナウイルスの感染状況はだいぶ落ち着きつつあります。まだまだ予断は許されませんが、近い将来、西台の集会所が活発に利用され、地域の皆さんがつながっていく場になってくれそうです。


昨年のクリーン作戦の様子はこちら→「西台でクリーン作戦と消防署の講話」

西台の花植え活動についてはこちら→ 「今年も花植え活動、西台」

お墓参り時の休憩所設置についてはこちら→ 「4年目のお墓参り休憩所、西台」



請戸の田植踊 特別授業

2021年11月1日

地域づくり支援専門員の引地です。

皆さん、福島県内に伝わる伝統芸能、特に請戸の田植踊をご覧になったことはありますか?

浪江町にもいくつかの田植踊がありますが、県内に伝わる田植踊の多くは浜通り北部に集中していたようです。

今回、幾世橋地区に位置するなみえ創成小学校から、隣の地区に位置する請戸(うけど)の伝統芸能・田植踊を学びたいと依頼があり、請戸芸能保存会会長 佐々木繁子さんの特別授業が開催されました。

受講するのは小学4年生の3名です。授業の様子と内容を少しだけお伝えします。

始めに踊りの映像を見てから、請戸の田植踊についてお話がスタートしました。

請戸の田植踊は請戸の海の守り神、苕野(くさの)神社へ奉納する踊りです。毎年2月の第三日曜の安波祭で奉納されます。
かつて、請戸はヤマセと言って東から吹く浜風は冷たく、作物が実らず人々は困っていたようです。そこで村人たちが神社に集まり田植踊を踊ったところ、その年は豊作となり、その後神社に奉納するようになりました。これが田植踊が始まったきっかけといわれています。

次に、安波祭当日の流れに沿ったスライドを見ていきます。



そして、震災後の田植踊と継承について話がすすみました。

震災後2012年の2月より、仮設住宅で踊りを披露するようになりました。安波祭では村まわりで各家々をまわっていたように、仮設住宅をまわり「みんなを元気づけよう」「家族と離れて暮らしているみんなに笑顔になってもらいたい」そんな想いで踊り、安波祭の日に合わせ6年間も続けたそうです。


『なんとしても田植踊を残したい』そんな想いをお話いただきました。

請戸は災害危険区域となり住むことができない地区となりました。

今までは請戸小学校の児童が踊っていましたが、今後の請戸小の児童はいません。現在は大人になった元請戸小学校のみんなが中心に踊っていますが、成長とともに踊り手も減少してしまいます。

踊りをどうやってつなげていけばいいか相当悩み、“昔は青年部が踊っていた時代もあった、時代に合わせ踊り手も変わってもいい”“年齢や請戸出身にこだわらなくてもいい”と考えるようになったそうです。

地域の大切な踊りなので、請戸の先輩方にも相談し背中を押してもらったそうです。

▲安波祭での田植踊奉納 2019年2月 請戸 苕野神社



授業の最後は踊りの体験です。

踊りで使う四つ竹を持ち、唄に合わせ少しだけ踊りを体験しました。

花笠もとっても似合っていて「もっと踊ってみたい」と感想をもらい、約2時間の授業はあっという間に終了しました。


伝統芸能というと少し敷居が高く感じるかもしれませんが、体験をしたり、その踊りの歴史や地域の背景を知ると身近に感じますね。

また、私は日々町民の皆さんと接する中で、地域の踊りや祭りをとても生き生きとお話する方が多いなと感じていました。

今回の授業で『地域への愛着』『人々のつながり』『伝統芸能』はとても深くつながっているのだなと自分自身も学びを深めることができました。

これからも次の世代へ伝えていく機会が広がっていくといいなと思っています。