なみえの今

タグ: , , , , , ,

解体前の学校見学会 苅野小学校

2020年8月7日

こんにちは、地域づくり支援専門員 今野です。

学校見学会の様子、今回は苅野小学校をお届けします。


7月23日から25日まで開かれていた解体前の学校見学会。苅野小学校の平成22年度末までの卒業生総数はおよそ3,500人ということで、見学会にも様々な世代の方が訪れている印象でした。


▲教室の様子


震災時に在学中で、今年から浪江町内で働き始めたという女性は
「見学会が開かれたことで、校舎の中でばったり友達に会えたことが嬉しい」
などと話していました。

卒業後に母校内で同級生と会える、声を交わせるというのも、特別な体験なんだなあとあらためて思いました。この貴重な機会に、友人と、家族と…様々な卒業生や地域の人たちが、苅野小学校の思い出を懐かしんでいる様子が見受けられました。

▲とあるクラスの時間割
▲児童会掲示板 いろんな委員の活動がありました
▲鼓笛パレードの衣装も飾られていました


震災時の在校生へ向けた学用品の引き渡しは、これまで町内のいくつかの学校でもおこなわれましたが、苅野小学校ではそういった機会とは別に、平成29年8月に「学校見学会」を実施しています。休業中のこの頃に校長を務めた浪江町出身の阿部裕美先生により実施されました。

阿部先生はそのほか、校舎の様子や管理状況などもわかる苅野小学校だより「広報かりの」も定期的に発行されていました。

その時の様子や、「広報かりの」も展示されていました。


▲平成29年8月におこなわれた学校見学会の掲示物
▲「広報かりの」も張り出されていました


見学会に足を運んだ苅野地区出身の60代のご夫婦は
「現在の校舎になる前の時代に通学した。いま小学校の校舎があるここには旧苅野中学校があった。少し下の東側に、通っていた古い小学校の校舎があった。細かく覚えていない面もあるけど、なんだか懐かしいなぁ」

などと教えてくださいました。


▲旧校舎の白黒写真なども掲示されていました
▲旧校舎の白黒写真なども掲示されていました



苅野小学校や地域の思い出などを、今回のブログで少しでも感じて頂ければうれしいです。

“なみエール”発行しました

2020年7月3日

新型コロナウイルス感染症の影響により、浪江町のみなさんも気軽に会ったり集まったりするのが難しい状況が続いています。

一般社団法人まちづくりなみえではコミュニティ再生に向けた取り組みの中で「この状況下でも何かできないだろうか」と考えました。

そして、町民のみなさん同士や地域が紙面を通してつながりを維持しながら、浪江町を楽しんでもらいたいとの想いから臨時のフリーペーパー「なみエール」を発行する運びとなりました。

浪江町の皆さんへエール

浪江のことが見えーる

…等々「なみエール」には様々な想いを込めました。

広報なみえ7月号に折り込む形で、町民の皆さんの手元には届いているかと思います。

ご覧いただけましたでしょうか?




下記リンクからPDFをダウンロードし、なみエールをご覧いただけます。
(上の画像と内容は同じです)
ここをクリック

オモテ面の記事は、私たちが町の皆さんと接する中で気になったモノや事柄などを取材してお届けする「浪江のあれこれ」。
今回は知る人ぞ知る?地域の情報として、苅宿の”ほたるが舞うビオトープ”を取材しました。

ウラ面は浪江の地域情報を、ちょっとした遊びで楽しく知ることができるクロスワードをつくってみました。
このブログで答え合わせも予定していますが、皆さんチャレンジしてみてください。
AからHのマスをつなげた言葉をテーマにした記事も、このブログに掲載していく予定です。

なみエールを読んで、地域のつながりやコミュニティに関することなどを楽しく考えたり、感じて頂ければ幸いです。

さて、なみエールの第二号は9月1日に発行する予定です。
皆さんからの投稿や記事のアイデア、これを取材して!などありましたら、ぜひご連絡ください。

町民の皆さんといっしょに、紙面をつくっていくことができれば嬉しいです。



浪江の田んぼ

2020年6月1日

新緑がまぶしく、気持ちのいい季節がやってきました。

地域づくり支援専門員、引地です。

町内の5月を振り返ると、やはり田畑の動きが印象的でした。4月から水をはり、準備万端の農地の様子を多くの地区で確認でき、5月の土日には町内のいたるところで田植えが行われました。

田植えが終了した田んぼをめぐってきました、各地区の水田風景をお楽しみください。

北棚塩
苅宿
立野
田尻
北幾世橋

田植え機や農機具が動く音が聞こえ、皆さん声かけ合って作業している様子に、町内各地が“動きだしている”という雰囲気です。

西台

気持ちよく苗が勢ぞろいしています。これから勢いよく伸びていくでしょう。

酒田
藤橋

そして、沿岸部でも震災後初めて田植えが再開しました。

南棚塩

津波の被害があった農地に田園風景がまた戻り、夏には一面の緑、秋には黄金色の景色が広がることがとても楽しみです。

時折、町内の田んぼの様子をレポートしたいと思います。

浪江町 桜前線 《後編》

2020年4月27日

浪江町内の桜、後編をお届けします。


地域づくり支援専門員、今野です。

まずは苅野地区、酒田集会所前の桜です。


この集会所を集合場所に、平成30年の秋からクリーン作戦をおこなって地域の皆さんの交流の場が生まれていました。
今年もまた、集まれるような状況になるよう祈っています。

続いて立野地区、県道257号線沿いの桜並木です。

車で通行する人の目を楽しませてくれますが、近くの小川には昨年の豪雨災害の影響とみられる爪痕が、少し残っていました。

こちらは立野の光明寺前に咲く桜です。

今年の春彼岸に、お寺の敷地をお借りしてお墓参りの際の休憩所を設置する予定でした。
地域の皆さんの交流の場になればと、立野下・中・上の3区長も意気込んでいらっしゃいましたが、新型コロナウィルスの影響で中止となってしまいました。
しかし、またいつの日にか休憩所を設置し、集まる機会をつくれればと思います。


続いて苅野小学校の桜です。

グラウンドを囲むように並ぶ桜は、見ごたえがあります。


帰還困難区域の室原地区ですが、特別通過制度の県道35号線から見える共同墓地にも、綺麗な桜が咲きほこっていました。ズーム機能で撮影してみました。


続いて津島地区です。
全域が帰還困難区域のため、特別通過制度の道路から見える桜になってしまいますが、あちこちに美しい桜の姿を見ることができました。

珍しく4月も半ばに入るころに降った雪が残る、4月14日。国道459号線沿いに凛と咲く桜です。雪と桜の組み合わせも、なかなか綺麗です。

こちらは114号線、浪江高校津島校に入る手前に咲く桜です。

見上げながら写真を撮ると、青い空とのコントラストが鮮やかです。

大昼地区でも、道の各所に綺麗な桜が咲いていました。

来年はゆっくりと、町内の桜を皆さんと一緒に楽しめればいいなと願います。


続いて大堀地区です。

地域づくり支援専門員、佐藤がお伝えします。

浪江町上水道取水場付近の様子。
高瀬川沿いの取水場です。見通しが良い場所なので、遠くからでも桜が咲いている様子を見て取れます。その光景は昔と変わりません。

大堀小学校と大堀幼稚園の園庭の様子。
小学校の広い校庭に並んで見事に咲き誇る桜並木。そして、幼稚園の小さな園庭に遊具と並んで咲き誇る桜の大木。今年も圧巻でした。

清水寺の様子。
紅白2種類の桜が、並んで咲き誇る風景は、今年も健在。これから初夏にかけて、ふじ棚もとても楽しみです。

陶芸の杜対岸の高瀬川堤防からの風景。
施設を囲う桜並木も素敵に咲いていました。除染も終わり、陶芸の杜でお花見が再開されることを楽しみにしています。


令和2年の春、新型コロナウィルスの影響で落ち着かない毎日が続きますが、浪江町内の桜を当ブログで少しでも楽しんで頂ければ幸いです。

浪江町内の桜前線をレポートしました。

標葉神社で8年半ぶりのお祭り

2019年4月11日

地域づくり支援専門員、今野です。

4月7日の日曜日、苅宿にある標葉(しねは)神社で震災と原発事故後初めてとなるお祭りが開かれました。
震災前は11月に開かれていたお祭りですが、今回は復興への願いを込め建立された祈願碑の除幕式も同時にあり、「復興祭」として開かれました。

 

 

 

境内では数名で談笑しながら記念撮影する姿が見受けられるなどし、町民の方が再会を喜びあっている声も聴こえてきました。

 

(苅宿、加倉の区長も役を務めるなど、地域の皆さんが協力し合う姿が印象的でした)

 

今回の復興祭では再興への願いを込めてつくったどぶろくが奉納されました。

このどぶろくづくりも8年ぶりとなりましたが、完成したどぶろくは参加された皆さんに振る舞うため、御神酒殿から氏子の方が大切に運び出しました。

直会(なおらい)では、どぶろくを味わいながら楽しそうに話す町民の皆さんの姿が印象的でした。

 

(御神酒殿からどぶろくを運び出す氏子の皆さん)

 

本殿で奉納された浦安(うらやす)の舞は本来は4人で踊るそうですが、これまで担っていた子ども達が世代交代し、今回は広く町内から集った3人の新たな踊り手の子ども達が、昨年末からこれまで4回練習して来た成果を披露しました。

可愛らしい巫女の皆さんの舞いは、このお祭りには欠かせないものでしょう。
近くもう1人増えるということで本来の4人となりますが、次のお披露目は秋の十日市の時になるそうです。

 

獅子舞も披露されましたが、苅宿地区、加倉地区と、2つの獅子舞を順に披露したのが印象的でした。

標葉神社は、この2つの地域を中心とした地域の皆さんの心の拠り所となっている神社なのだなあと、あらためて感じることができました。

 

(浦安の舞)

 

(苅宿地区の獅子舞)

 

(加倉地区の獅子舞)

 

氏子総代の長岡新一さんは挨拶で「ようやくここまでこぎ着けた。これからも地域の安全・安心を守る神社であってほしい」などと想いを述べました。

昨夏ごろ、ふらりと立ち寄った際の標葉神社は、震災直前に下げられた絵馬がそのままだったのが印象的で静まり返っていましたが、この日は大勢の皆さんで賑わっていました。
町の方に「今日はだいぶ、人も多いですね」などと話すと「震災前は、もっともっといっぱいだったんだよなぁ~」などと以前の様子を話されました。

 

しみじみと語られたその言葉に、「まだまだこれから、今日が始まりなんだなあ」と感じました。

地域の皆さんの想いが通じ、いつか以前のようなお祭りの姿を取り戻せればと思います。