なみえの今

タグ: , ,

浪江駅前の花植え

2019年11月30日

いよいよ師走。初雪も舞い、慌ただしい今日この頃。皆様、いかがお過ごしですか。地域づくり支援員の佐藤です。今回は、浪江駅前南側にある花壇での花植えに伺って参りました。

お花は、さくら草。茨城県にお住いで、千葉県の福島県人会会長・宮田和夫様から昨年に引き続き寄贈されたものです。宮田さんは福島県に非常に所縁のある方で、「日本は福島県が牽引しているんだ」との心強いお言葉とともに、苗を頂きました。

さて、11月30日(土)8時30分駅前集合。当日の作業は、日産自動車の社員の皆さんが、草刈と花植えに分れ、ボランティアで参加してくださいました。花植えは、総勢20名程。

参加してくださったボランティアの皆さんは、道具を駆使しして楽しそうに作業をされておられました。

吉田町長からのご挨拶
花植えチーム打ち合わせ
まず、初夏に植えたお花と唐辛子を引っこ抜き、ゴミ袋へ。
スコップで畝ります。なかなかお上手!
権現堂1区・佐藤区長に、植え方をご教示頂き丁寧に作業進行。
ざっと1時間ほどの作業で、4花壇分、約160株の花植え終了。お見事!

皆さんの手際がよく、予定より早く終わった為、一斉に駅前の町道で草刈を開始。予定外のことでしたので、道具の準備もなく、手、スコップ、ショベル等、あらゆる工夫で刈ったり引っこ抜いたりしました。

突然の作業開始ながら、手際は抜群。
30分程の作業で、ゴミ袋20位が一杯に。
こんなにきれいになりました。素晴らしい!
2時間ものボランティア作業に感謝。はいチーズ。

令和元年も、いよいよ残り僅か。

宮田様からの苗の寄贈と日産自動車社員のボランティアの皆さんにによる花植え・草刈りで、浪江駅前はとても綺麗になりました。一寸早い大掃除。とても気分の良い時間を過ごすことが出来ました。ご協力いただいた皆様、本当に有難うございました。

9/14(土)上ノ原行政区で花植えと記念樹の植樹が行われました

2019年9月28日

天候が危ぶまれましたが、何とか持ちこたえた曇り空の下、
上ノ原行政区で花植えと記念樹の植樹が行われました。

今回の取り組みは
「花植えをして上ノ原行政区の人々と交流の場をもちながら
家屋解体でさみしくなってしまった地域と人々の気持ちを明るくしたい」と、
佐藤秀雄区長の発案で行われました。
当日は避難先からも多数参加され、およそ30名の方々が集まりました。

植えた花はマリーゴールド、ベコニア。
用意された120個のプランターに土を入れ、
つぎつぎと花を定植していきます。
皆さん手慣れた様子で、あっという間に定植作業が終わり、
お茶を飲みながら交流も始まりました。

今回参加されたなかで、遠くからは栃木から来られた方もおられ、
現在の暮らしや、懐かしい思い出話にも花が咲きます。
久しぶりの再会に、話題が尽きることはなく笑顔がこぼれます。

休憩の後、定植したプランターを上ノ原行政区の16箇所に配置です。
許可をとった解体後の宅地跡や道路の端に設置し、
「お彼岸でお墓参りに来られた方も嬉しくなると思う」
と、墓地の近くにも配置されました。

そして、上ノ原地区にある開拓記念碑の前で
ハナミズキが記念樹として植樹されました。
今はまだ小さな苗木ですが
きれいな花を咲かせてくれる日が待ち遠しいです。

12月にも花植えが予定されています。
また皆さんで集まれる日がとても楽しみです。