解体前の学校見学会 大堀小学校

2020年8月20日

8月も中旬ですが、いつもより梅雨が長かった分、暑さがより厳しく感じられませんか。地域づくり支援専門員の佐藤です。

学校見学会シリーズ、最後は、大堀小学校です。

先ずは、正門からお邪魔致しました。ステンドグラスや授業で実習体験できた焼き物の窯など、大堀小学校独特の景色に目が奪われます。

 正門
▲ 正面玄関上方のステンドグラス
▲ 焼き物用の窯

さらに、校舎の中へお邪魔致しました。大堀地区だけあって、大堀相馬焼を始め、芸術性の高い品々があちらこちらで拝見出来ました。

▲ 朝倉悠三 先生作
▲ 震災当時担任されていた先生方からの寄せ書き

そして、校庭へ。大堀小学校と言えば、なんといっても校庭の”かきの木”が思い出深いと伺っています。

▲ 名物のかきの木

大堀小学校を見下ろす天神社は、学問の神様・菅原道真公を祀った神社です。明治6年、小学校開校以来、4,352名の卒業生を見守り続けて頂きました。

▲ 天神社より大堀小学校を望む

学校は、コミュニティの象徴的存在だと思います。卒業生だけでなく、児童のご家族、教職員の皆様方、そして学校周辺地域の方々全てにとって大変大切な存在だったと思います。惜しまれつつ閉校・解体される町内の小中学校に思いを寄せる方々にとって、このブログが、思い出作りに少しでもお役に立てれば幸いです。

解体前の学校見学会 浪江中学校

2020年8月3日

憂うつな梅雨も明け、青空がひときわ爽快に感じられる今日この頃です。地域づくり支援専門員の岸本です。

「なみえの今」では、閉校・解体が決定した町立学校の見学会についてシリーズでお届けしています。今回は浪江中学校です。

  

浪江中学校は昭和45年に、旧浪江中学校、大堀中学校、苅野中学校を統合し創立され、休校する平成31年までに約10,000人の卒業生を送り出しています。

▲駐車場から見た校舎

 

学校の正面玄関をくぐり、まず目に入ったのは下駄箱に残されていた生徒の上履きらしきシューズ。

▲下駄箱

震災が起きた日の午前中、学校では3年生の卒業式が執り行われていました。

卒業生は3年間の思い出を振り返りながら、在校生は自分たちがこの校舎で卒業する日を想像しながら、“晴れの日”にこの玄関をあとにしたのではないかと、ひとり思いを巡らせました。

 

その後、校舎の中へ進み、教室などを見て回りました。

▲廊下
▲とある教室
▲スケジュールボード
▲掲示物

  

体育祭などで使用されていたものでしょうか。多くの教室には個性溢れる学級旗が飾られており、とても印象的でした。いくつか紹介します。

▲震災当時3年1組の学級旗
▲震災当時3年2組の学級旗
▲震災当時2年1組の学級旗

  

見学会では、震災当時のまま時間が止まったような学び舎を懐かしそうに見て回る卒業生や地域住民たちの姿がありました。

友人と一緒に見学会に訪れていた、浪江中学校出身の20代女性に話を伺うと、「最後にゆっくりと校舎を見れて良かった」とおっしゃっていました。

  

皆さんの心の中に、美しい思い出が永く記憶されますように。

解体前の学校見学会 浪江小学校

2020年8月3日

8月、ようやく梅雨明けです。皆さん、如何お過ごしでしょうか。地域づくり支援専門員の佐藤です。

このたび、現在休校している浪江町立の小中学校は、児童生徒数の増加が見込めないため閉校となります。更に震災による被害や老朽化などの理由により活用が難しいことから、浪江、幾世橋、大堀、苅野小学校と、浪江中学校が解体となります。現在の校舎は今年度限りで見納めになる可能性があることから、学校見学会が開催されるとのことで、伺って参りました。

その一校、浪江小学校です。

先ずは、正面玄関からお邪魔致しました。卒業生の皆さん曰く、「この正面玄関前の像と石碑が浪小の象徴だ」と仰っておられます。

更に、校舎の中へお邪魔しました。伝統校らしい、数々の歴史を感じる品々が目白押しでした。

▲ この黒板アートは、卒業生が木造の旧校舎を描いた作品

さらに、各教室へ伺い、震災当時のままになっている、当時の児童の作品や行事などを知らせる掲示物に目が止まりました。いくつかご紹介します。

明治6年開校、創立147年。町内で最も多くの児童が学んだ小学校であり、10,895人の卒業生を送り出したそうです。

学校は、コミュニティの象徴的存在だと思います。中心市街地に立地していた浪江小学校は、その中心的存在であった事は言うまでもないでしょう。このブログが、地域の皆さんの思い出作りに少しでもお役に立てれば幸いです。