なみえの今

タグ: ,

町道215号、自由通行に

2020年10月5日

こんにちは、地域づくり支援専門員の今野です。
今回は帰還困難区域の津島で新たに自由通行となった町道215号線(阿掛線)を視察してきました。

自由通行開始となった10月1日の午後、さっそく行ってまいりました。


自由通行に向けては「当該道路は、冬季積雪時の国道399号・県道50号の迂回路として周辺市町村を結ぶ主要道路であり、福島県全体の復旧・復興にとって重要な道路となることから、関係自治体等から制限なく通行できるよう要望が寄せられてきた」といった状況を踏まえ、政府が自治体などと協議をし、このような適用となったようです。

(原子力災害現地対策本部 原子力被災者生活支援チーム https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/kinkyu/hinanshiji/2020/200923.html


確かに道幅も狭くなく、急カーブなどもないため、積雪や荒天時などには迂回路として不安も少なく走れそうです。

南津島下行政区の古山久夫区長に聞くと「中通りに避難する人たちは一時帰宅しやすくなったと思う。葛尾村経由で入っていくほうが近いので」などと話してくださいました。



道路沿いに建つ沢先(澤先)集会所です。南津島下の中でも沢先地区は開拓地で「この建物は元々は開拓組合の資材などを置く場所だったようだ」と古山区長は話していました。地域が譲り受けた後は、平成21年に南下コミュニティーセンター*が出来るまでの間、南津島下の皆さんが集まる場となっていました。
(*南下-みなみしも-は南津島下の略称)

花植えなどの環境美化活動で沢先集会所に集まる住民の皆さんが写った原発事故前の写真を、以前拝見したことがあります。

同じく、この集会所前を神輿を担いで子ども達が進んでいく写真も以前拝見しました。にぎやかな子ども達の声が聴こえてくるような写真でした。
南津島上と南津島下の、南津島全体の神社の秋祭りとして、ちょうど今ごろ(10月)におこなわれていたそうです。
もちろん、原発事故前まで開かれていました。

今回自由通行となったのは町道215号線(阿掛線)では約3.1キロ(つながる葛尾村側の村道204号・柏原阿掛線では約1.3キロの、合わせて5キロ弱)と、距離にすればわずかかもしれません。
しかし、本来そこには地域の人々の暮らしや、その記憶があるのだということを、通行の際には少しでも想像しながら走ってほしいな、そんな風に思いました。

南津島の神楽(令和元年十日市祭)

2019年12月2日

地域づくり支援専門員、今野です。

浪江町の十日市祭は毎年多くの町民の方が集まり「久しぶりー!」という声が聴こえるなど、会場のあちこちで町の皆さんが談笑している様子が見受けられます。

この十日市祭では様々な露店やブース、イベントなど出し物も多種多様に繰り広げられますが、郷土芸能のステージもみどころの一つかと思います。

今年もいくつか披露された郷土芸能の中で、2日目の11月24日、屋外ステージでは南津島の神楽が披露されました。

演舞中はあいにくの雨で、屋根のあるスペースから観客の皆さんは遠巻きに眺めていましたが、保存会の皆さんの熱演は素晴らしいものでした。

南津島の神楽は、ひょっとこが出てきてちょっとユーモラスです。

ひょうきんな動きもあって、お客さんが笑いながら楽しんでいる姿が印象的です。






南津島郷土芸術保存会の会長を務める三瓶専次郎さんは「雨だと終わった後の道具や着物類の管理が大変なんだよ、ちょっと困るよねぇ」などと話していました。

踊るだけではなく、前後の準備や管理が大変なんですね。

南津島では避難で散り散りに皆さんが暮らす中、精力的に郷土芸能の活動をおこなっています。

以下の写真は10月6日に南相馬市で開かれた郷土芸能発表のイベントに参加された時の様子です。

この南津島の神楽、12月21日(土)には東京国際フォーラムで開かれる「ふくしま大交流フェスタ2019」会場のメインステージのプログラムの一つ「ふるさとの祭りステージ」でも披露されます。

とても貴重な機会です。皆さんもぜひご覧ください。