なみえの今

タグ: ,

大堀神楽(令和元年十日市祭)

2019年11月25日

今年も、後ひと月余りを残すのみとなりました。朝晩寒くなってきましたが、皆さま、いかがお過ごしですか。地域づくり支援員の佐藤です。

今回は、十日市祭の初日、11月23日に屋外ステージで披露された、大堀芸能保存会による大堀神楽を拝見させて頂きました。

芸能保存会会長 最終打ち合わせ
本番前の緊張の様子
町長、商工会長、大堀芸能保存会会長を前にご披露

当日の大堀神楽の舞は、幕舞・剣舞・鈴舞・幕舞という流れです。

なかなか練習も出来ず、ぶっつけ本番と仰っておられましたが、舞そして笛太鼓ともに流麗で感動しました。保存会の皆様が一堂に会することが出来るのは、十日市祭だけだそうです。大変貴重な場面を拝見することができました。

獅子頭と幕  篤とご覧ください
大堀神楽は同地区にある愛宕神社を守護神として奉納されていました
剣舞
鈴舞

伝承がなかなか難しいと言われている浪江町の伝統芸能。若返りが課題だというお話をよく伺います。そんな中、大堀芸能保存会は、震災前に引継ぎを済ませたことで伝承が叶い、そして現在に至っているそうです。

保存会会員の皆様による笛太鼓

また、来年の十日市祭の大堀神楽を楽しみにしています。お疲れ様でした、そして、素晴らしい神楽をご披露していただき本当に有難うございました。

緊張もほぐれ、記念撮影