なみえの今

タグ: ,

権現堂地区 消毒

2020年9月10日

9月だというのに、真夏の様な暑さに翻弄されている今日この頃。皆さん、如何お過ごしですか。地域づくり支援専門員の佐藤です。

今回は、権現堂地区で毎年2回、春秋に定期的に実施されている消毒作業の現場にお邪魔して参りました。この消毒作業は、震災前からハエ・蚊などの駆除を目的に長年取り組まれているものです。

▲ 早朝役場集合。 気合十分 ”今日も元気に頑張りましょう”

今年はコロナ禍により春の実施は中止になりましたが、権現堂住民の要望により秋は開催されたとのことです。やはり、夏場の蚊やコバエ等の発生が例年より多かった為か、”是非実施を”という声があったと聞きました。

▲ 郵便局付近
▲ 駅南側常磐線沿線

9月7~9日、連日30℃を超える猛暑の中、2チームに分れての消毒作業。区長や権現堂有志に加えて、なみとも、東京電力の社員の方がお手伝いされていました。

▲ 作業終了後の充実感。(因みに、最高気温35.3℃の猛暑日でした)
 

側溝、小川、草むらなど、消毒を必要と思われる箇所が、浪江町内のあちこちにある様です。コミュニティ再生・再構築に不可欠な例として、このような協働による消毒作業があると感じました。

暑い中、皆さま、本当にお疲れ様でした。