なみえの今

タグ: , , ,

浪江町の花壇 夏~初秋

2020年10月12日

暑さ寒さも彼岸まで。心地良い秋風に季節の変わり目を感じる今日この頃。皆さま、如何お過ごしですか。地域づくり支援専門員の佐藤です。

今回は、苅野地区立野と、大堀地区小野田で、綺麗に咲き誇る花を探して参りました。

最初は、立野の県道34号線沿いに広がる❝ひまわり❞の景色です。8月13日盆入りの日に伺って参りました。毎年夏になると、この辺りは❝ひまわり❞が見事に咲いています。しかし、今年はその数が圧巻でした。写真をご覧ください。種を撒いた方々も大変だっただろうな、と変に気をまわしてしまう程の景色でした。

▲ 目立ちたがり屋のひまわりが一本…
▲ 兎に角、凄いの一言
▲ 県道34号線沿い

次は、大堀地区小野田の清水寺境内。9月14日に伺って参りました。境内に咲く数本の❝百日紅(サルスベリ)❞。少ないながら、兎に角、目立ちます。花の色合いが、お寺の景色に良く合っていると感じました。

▲ 三門付近
▲ 鐘楼を背景に
▲ 境内の景色に見事にマッチ

今年はコロナ禍の影響で、皆で集まるどころか外出する機会も少なかったのではないでしょうか。しかしながら、浪江町内を車で、または、散歩がてらふらっと辺りを見回すと、綺麗なお花が咲いている素敵な風景に出会えます。その景色は、きっと昔から変わらないのだろうなと思います。また皆で、お花を眺めながら、又は、お手入れをしながら楽しくお喋りできれば良いですね。

また来月も、町内に咲いている素敵なお花を探して参ります。

解体前の学校見学会 大堀小学校

2020年8月20日

8月も中旬ですが、いつもより梅雨が長かった分、暑さがより厳しく感じられませんか。地域づくり支援専門員の佐藤です。

学校見学会シリーズ、最後は、大堀小学校です。

先ずは、正門からお邪魔致しました。ステンドグラスや授業で実習体験できた焼き物の窯など、大堀小学校独特の景色に目が奪われます。

 正門
▲ 正面玄関上方のステンドグラス
▲ 焼き物用の窯

さらに、校舎の中へお邪魔致しました。大堀地区だけあって、大堀相馬焼を始め、芸術性の高い品々があちらこちらで拝見出来ました。

▲ 朝倉悠三 先生作
▲ 震災当時担任されていた先生方からの寄せ書き

そして、校庭へ。大堀小学校と言えば、なんといっても校庭の”かきの木”が思い出深いと伺っています。

▲ 名物のかきの木

大堀小学校を見下ろす天神社は、学問の神様・菅原道真公を祀った神社です。明治6年、小学校開校以来、4,352名の卒業生を見守り続けて頂きました。

▲ 天神社より大堀小学校を望む

学校は、コミュニティの象徴的存在だと思います。卒業生だけでなく、児童のご家族、教職員の皆様方、そして学校周辺地域の方々全てにとって大変大切な存在だったと思います。惜しまれつつ閉校・解体される町内の小中学校に思いを寄せる方々にとって、このブログが、思い出作りに少しでもお役に立てれば幸いです。

浪江町の花壇  初夏

2020年6月29日

6月、梅雨入りとなりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか。地域づくり支援員の佐藤です。

今回は、小野田行政区 清水寺の藤棚と、高瀬行政区 八幡神社・諏訪神社の紫陽花、そして、北幾世橋北行政区 あじさいロードの紫陽花を拝見して参りました。とくとご覧ください。

始めに清水寺の藤棚です。5月12日に伺いました。今年は新しい鐘楼と共に写真に収めてまいりました。ご住職曰く、「今年は一寸小振りかな」とのことでしたが、艶やかな紫色の花が、大変印象的で素敵な景色でした。

そして、諏訪神社、八幡神社境内の紫陽花です。6月27日に伺いました。社殿とのコントラストがとても素敵で、私たちを楽しませてくれます。毎年の事ですが、よく手入れされた、綺麗な景色になっていると思いませんか。

最後に、北幾世橋のあじさいロードの紫陽花です。6月27日に伺って来ました。青、青紫、ピンク、白等、色とりどりの紫陽花の花が、沿道に多数、華やかに咲いていました。白の紫陽花、花言葉は『寛容』。パートナーと認め合う意味を込めて、結婚式の装飾にも人気がある花言葉だそうです。


浪江町の花は、今年の初夏も、あちこちで綺麗に咲き誇っています。その素敵な景色は、震災前と同じです。また、このお花の前で、または、この景色を眺めながら、皆で集まって楽しくおしゃべりしたいものですね。

そう願いつつ、また来月も町内に咲き誇った素敵なお花を探してきます。