なみえの今

タグ: , ,

上ノ原行政区 花植え

2020年10月6日

爽やかな秋晴れが心地よい日々ですね。

こんにちは、地域づくり支援専門員の岸本です。

さて、過日9月19日、上ノ原行政区で花植えが行われました。

「花植えを通して地域の皆さんが交流の場をもつことで、家屋解体で寂しくなってしまった地域の人々の気持ちを明るくしたい」と、佐藤秀雄区長の発案で始まったこの取り組みは、今回で3回目の開催となりました。

当日は町内外から16名の方が集まりました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者の方には、マスク着用や手指消毒に加え、万一に備えて検温の実施、問診票への記入といった徹底した感染対策をとり実施しました。

第1回・第2回の開催では、120個のプランターに花植えを行ってきましたが、「花を増やして地域をさらに彩ろう」と、今回は200個のプランターが用意されました。

今回植えたのは、撫子、マリーゴールド、百日草。

プランターに培養土を入れ、次々と3種類の花を定植していきます。 

皆さんの手際の良さで、1時間半ほどで作業を終えることができました。

作業後の交流では、久しぶりの皆さんとの再会を喜び、現在の暮らしや懐かしい思い出話に花が咲きます。

「こうやって会って話せると嬉しいし安心するね」

「在宅時間が増えて運動不足になってしまった」

「南相馬まで毎朝通って、ラジオ体操してるよ~」

「この地域でも集まってラジオ体操ができるといいな」

「防災無線で曲を流してもらえないかしら」

「そうやって気軽にみんなに会えたらいいよね」

こうした皆さんの声が、コミュニティ再生につながるきっかけなのだと考えています。

皆さんの想いを少しでも形にできるよう、これからもお手伝いしていきたいと思いました。

定植したプランターは、許可をとった解体後の宅地跡や道路の端など、上ノ原行政区の23カ所に配置されています。

ぜひお近くを通った際にはプランターを探してみてください。

9/14(土)上ノ原行政区で花植えと記念樹の植樹が行われました

2019年9月28日

天候が危ぶまれましたが、何とか持ちこたえた曇り空の下、
上ノ原行政区で花植えと記念樹の植樹が行われました。

今回の取り組みは
「花植えをして上ノ原行政区の人々と交流の場をもちながら
家屋解体でさみしくなってしまった地域と人々の気持ちを明るくしたい」と、
佐藤秀雄区長の発案で行われました。
当日は避難先からも多数参加され、およそ30名の方々が集まりました。

植えた花はマリーゴールド、ベコニア。
用意された120個のプランターに土を入れ、
つぎつぎと花を定植していきます。
皆さん手慣れた様子で、あっという間に定植作業が終わり、
お茶を飲みながら交流も始まりました。

今回参加されたなかで、遠くからは栃木から来られた方もおられ、
現在の暮らしや、懐かしい思い出話にも花が咲きます。
久しぶりの再会に、話題が尽きることはなく笑顔がこぼれます。

休憩の後、定植したプランターを上ノ原行政区の16箇所に配置です。
許可をとった解体後の宅地跡や道路の端に設置し、
「お彼岸でお墓参りに来られた方も嬉しくなると思う」
と、墓地の近くにも配置されました。

そして、上ノ原地区にある開拓記念碑の前で
ハナミズキが記念樹として植樹されました。
今はまだ小さな苗木ですが
きれいな花を咲かせてくれる日が待ち遠しいです。

12月にも花植えが予定されています。
また皆さんで集まれる日がとても楽しみです。