なみえの今

なみベジファーム  令和2年 春~夏

2020年10月31日

県内は紅葉シーズン真っ只中ですね。皆さま如何お過ごしですか。地域づくり支援専門員の佐藤です。

一般社団法人まちづくりなみえで今年の春から取り組んでいる、❝なみベジProject ~浪江の大地からいのち耕す、こころ育む~ ❞をご紹介します。

道の駅なみえに出荷し販売するに止まらず、このファームで収穫された浪江町の野菜を使った料理教室や農業体験を将来的に行っていきたいという趣旨のrojectで、町内の畑で野菜作りに取り組んでいます。

▲Projectスタート時、今年前半の作付け予定
▲はじめはこんな風景
▲ビニールハウスの中も、ひたすら雑草除去作業
▲徐々に畑らしい風景に
▲マルチを備え植え付け開始
▲ハウスの中もトマトの定植
▲苗床づくり+定植
▲途中、ひたすら雑草対策の日々も
▲なす(千両2号)
▲ハウスのトマト(麗夏)
▲きゅうり(シャキット)
▲とうがらし(げきから)

今年は、若干名の野菜専門家と圧倒的多数の素人で悪戦苦闘しながら、見よう見まねで、そして暑いし腰が痛いし足がパンパンで辛い等と文句ばかり言いながら、更に、作業時間より休憩時間の方が長かったりしましたが・・・、とりあえず収穫に漕ぎつけました。

Projectリーダー曰く、「将来的には、コミュニティ農園を目指したい。即ち、町民の皆さんが野菜づくりを楽しむことで生きがいの場を提供し、住民同士の交流が充実する浪江ライフを送れることを目的とします」とのこと。

次回は、秋からの作業状況をお伝えします。お楽しみに。