なみえの今

タグ: , , ,

浪江町の花壇  初夏

2020年6月29日

6月、梅雨入りとなりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか。地域づくり支援員の佐藤です。

今回は、小野田行政区 清水寺の藤棚と、高瀬行政区 八幡神社・諏訪神社の紫陽花、そして、北幾世橋北行政区 あじさいロードの紫陽花を拝見して参りました。とくとご覧ください。

始めに清水寺の藤棚です。5月12日に伺いました。今年は新しい鐘楼と共に写真に収めてまいりました。ご住職曰く、「今年は一寸小振りかな」とのことでしたが、艶やかな紫色の花が、大変印象的で素敵な景色でした。

そして、諏訪神社、八幡神社境内の紫陽花です。6月27日に伺いました。社殿とのコントラストがとても素敵で、私たちを楽しませてくれます。毎年の事ですが、よく手入れされた、綺麗な景色になっていると思いませんか。

最後に、北幾世橋のあじさいロードの紫陽花です。6月27日に伺って来ました。青、青紫、ピンク、白等、色とりどりの紫陽花の花が、沿道に多数、華やかに咲いていました。白の紫陽花、花言葉は『寛容』。パートナーと認め合う意味を込めて、結婚式の装飾にも人気がある花言葉だそうです。


浪江町の花は、今年の初夏も、あちこちで綺麗に咲き誇っています。その素敵な景色は、震災前と同じです。また、このお花の前で、または、この景色を眺めながら、皆で集まって楽しくおしゃべりしたいものですね。

そう願いつつ、また来月も町内に咲き誇った素敵なお花を探してきます。