なみえの今

タグ: , , ,

浪江町 桜前線 《前編》

2020年4月11日

新型コロナウイルス感染症の影響で、みなさん大変な日々を過ごしていることと思います。

外出を控えているこの期間、浪江町内では桜が見事に咲き誇っていますので、写真で町内のお花見を楽しんでいただければと思い、前編後編と2回に分けてお届けしたいと思います。まずは前半、4月7日に撮影しました。


まずは浪江地区の桜です。地域づくり支援専門員の佐藤がお伝えします。

今年は残念ながら、お祭りが中止となったリバーライン。

リバーラインの近くには今年7月に道の駅なみえが開業予定です。来年は、お花見を楽しみたいですね。

名所の請戸川リバーラインの様子。

夕日に映えて美しい限りです。

中央公園の様子。

夏の野馬追だけではなく、春の桜も素敵ですよ。

丈六公園の様子。

桜、つつじの名所です。


次は棚塩、幾世橋です。地域づくり支援専門員の岸本と引地がめぐってきました。

棚塩、金ヶ森水神社へ向かう坂道の桜です。



桜越しに、水をひき始めた田んぼが見えます。田植え後から夏にかけて、ここから見える“緑のじゅうたん”の景色が楽しみです。



次は、幾世橋。

幾内橋を背に、満開橋方向です。

奥に見える満開橋。橋梁災害復旧工事のため長く通行止めでしたが、先日工事が終了し、ようやく通行が可能になりました。

「ここがお気に入りのお散歩コースなの、気分転換ね」と顔見知りの町民の方とすれ違いました。


こちらは番外編。昨年の秋、浪江駅前に植えたチューリップです。冬の間は、春に本当に芽が出るか心配でしたが、4月上旬無事に花が咲き始めました。


まだまだ町内の桜を楽しんでいただきます。後編をお楽しみに!