なみえの今

月: 2020年6月

浪江町の花壇  初夏

2020年6月29日

6月、梅雨入りとなりましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか。地域づくり支援員の佐藤です。

今回は、小野田行政区 清水寺の藤棚と、高瀬行政区 八幡神社・諏訪神社の紫陽花、そして、北幾世橋北行政区 あじさいロードの紫陽花を拝見して参りました。とくとご覧ください。

始めに清水寺の藤棚です。5月12日に伺いました。今年は新しい鐘楼と共に写真に収めてまいりました。ご住職曰く、「今年は一寸小振りかな」とのことでしたが、艶やかな紫色の花が、大変印象的で素敵な景色でした。

そして、諏訪神社、八幡神社境内の紫陽花です。6月27日に伺いました。社殿とのコントラストがとても素敵で、私たちを楽しませてくれます。毎年の事ですが、よく手入れされた、綺麗な景色になっていると思いませんか。

最後に、北幾世橋のあじさいロードの紫陽花です。6月27日に伺って来ました。青、青紫、ピンク、白等、色とりどりの紫陽花の花が、沿道に多数、華やかに咲いていました。白の紫陽花、花言葉は『寛容』。パートナーと認め合う意味を込めて、結婚式の装飾にも人気がある花言葉だそうです。


浪江町の花は、今年の初夏も、あちこちで綺麗に咲き誇っています。その素敵な景色は、震災前と同じです。また、このお花の前で、または、この景色を眺めながら、皆で集まって楽しくおしゃべりしたいものですね。

そう願いつつ、また来月も町内に咲き誇った素敵なお花を探してきます。

浪江の今、玉ねぎがアツい!

2020年6月16日

地域づくり支援専門員の引地です。今年も暑い日々がやってきます.

マスクとうまく付き合いながら乗り切っていきましょう。

さて前回、田んぼの記事を投稿しましたが、実は浪江は畑も盛り上がっています。

今回紹介するのは6月に入り町内で収穫がスタートした、玉ねぎです。

町内の数ヶ所で栽培されています。

その名も『浜の輝(はまのかがやき)』!

この日は町内収穫のトップバッター、棚塩地区の畑を見学してきました。

朝早くからのぼり旗が立てられ、収穫を皆で盛り上げます。

いよいよ大きな農機具での収穫です。今回初めて使用する『オニオンハーベスター』

前方で玉ねぎを拾い上げ葉をカットし、後方のかごに落ちていく仕組みのようです。

作業前の一枚。

「オニオンスープもおいしいぞー。大きい玉ねぎをひとつでもいいけど、ウインナーと小ぶりの玉ねぎを何個も入れるのもおすすめだ」と作業の合間に教えていただきました。

『浜の輝』は8月1日オープン予定の“道の駅なみえ”産直コーナーで販売予定です。

浪江の玉ねぎ。浜の輝という名前の通り産直コーナーのみならず、道の駅を、浪江全体を、輝かせる存在になることでしょう。

この夏、町民の皆さんの玉ねぎ料理のレパートリーが増えること間違いなしですね!

浪江の田んぼ

2020年6月1日

新緑がまぶしく、気持ちのいい季節がやってきました。

地域づくり支援専門員、引地です。

町内の5月を振り返ると、やはり田畑の動きが印象的でした。4月から水をはり、準備万端の農地の様子を多くの地区で確認でき、5月の土日には町内のいたるところで田植えが行われました。

田植えが終了した田んぼをめぐってきました、各地区の水田風景をお楽しみください。

北棚塩
苅宿
立野
田尻
北幾世橋

田植え機や農機具が動く音が聞こえ、皆さん声かけ合って作業している様子に、町内各地が“動きだしている”という雰囲気です。

西台

気持ちよく苗が勢ぞろいしています。これから勢いよく伸びていくでしょう。

酒田
藤橋

そして、沿岸部でも震災後初めて田植えが再開しました。

南棚塩

津波の被害があった農地に田園風景がまた戻り、夏には一面の緑、秋には黄金色の景色が広がることがとても楽しみです。

時折、町内の田んぼの様子をレポートしたいと思います。