なみえの今

タグ: ,

立野地区コスモス畑での取り組み

2018年10月5日

皆さん、立野地区に広がる広大なコスモス畑はご覧になられたでしょうか。

 

 

もうそろそろ見ごろも終わりますが、25ヘクタールもの広さの農地いっぱいのコスモスは、見る人の心を和ませてくれました。

 

 

コスモスは立野地区農地復興組合が取り組んだもので、今年で2年目になります。

この日は、咲き終わるコスモスをトラクターでうない込んでいました。

 

 

 

事務局長を務める中野弘寿さんにお話しを伺うと
「立野地区の美化という目的だけではなく、コスモスを緑肥とする(栽培した植物を土の中にすき込み肥料にする)ことで、地力の回復も目指している」ということでした。

「震災前は減農薬や流通の見える化などに取り組み、安全でおいしいお米づくりをしていた」「除染で表土が剥ぎ取られ、土も入れ替わった。長い年月がかかって栄養いっぱいだった土壌が失われたので、なんとかして元の栄養ある田んぼを取り戻したい」と話していました。

 

除染や放射能への対策についても「よりしっかりと、生産者や消費者の気持ちになって進めてほしい」と国にも訴えていきながら、「来年は一部の田んぼで、米づくりに取り組んでいきたい」と抱負を語って頂きました。

 

本来の姿を何とか取り戻そうと、このように奮闘されている皆さんがいます。
私たちもしっかりと現状を伝えていきたいと思います。

 

そして来年どんなお米がとれるのか、とても楽しみにしています!

 

地域づくり支援専門員、今野がお伝えしました。

 

 

 

甘草(かんぞう)の栽培

2018年7月10日

こんにちは、地域づくり支援専門員の河原です。

先日、車を走らせていると農作業の方々が目に入りました。

国道114号線の下加倉にあるコンビニエンスストアのすぐそばの畑です。

 

 

この日は3人で作業されていましたが、少しお話を伺わせていただきました。

何の農作物かと思い聞いてみると

「カンゾウって知ってっかい?」
「カンゾウ…?あ、漢方薬に書いてあるの見かけますが、それですか?」
「そうなんだよ、甘草(かんぞう)。でも、俺ら初めてつくるんだ」

この畑では初めて、甘草の苗を植えているところなんだそうです。

 

調べてみると、甘草は漢方薬の約7割に用いられているマメ科の生薬で、そのほとんどを現在は中国からの輸入に頼っているそうです。
しかし、価格高騰などで安定的に調達するのが難しい懸念があることから、現在は国内で栽培研究が進んでいます。

 

この写真の甘草も、来年秋頃には1メートルぐらいまで成長するとのこと。
「けっこう時間がかかるんだなあ」と感じつつ「1メートルって、そんなに高くなるんだ」と思いました。現在の姿からは想像もつきません。

この畑の甘草は収穫後、二本松のお醤油の甘味料に使用される予定だそうです。
作業されていた皆さんは「まずは醤油だけど、将来的には漢方薬にも使われるようになれば嬉しいよなあ」と笑顔でお話しされていました。

 

なみえのまちで、いろいろな営農が本格的に始まるのが楽しみです。