なみえの今

月別: 2018年11月

ふるさと大堀に集まろう! 大堀小学校の草刈とふるさと料理教室

2018年11月30日

こんにちは

地域づくり支援専門員の丹野です

 

11月17日(土)大堀小学校にて草刈りとふるさと料理教室が開かれ、

私たちも地域づくりの一環として参加させていただきました。

 

大堀小学校は避難指示解除区域に含まれるものの、原発事故後休校となっており、校庭には雑草が生え、荒れ放題となっていました。

 

そんな中、大堀地区全体で集まる機会を創出し、つながり続けるきっかけにしようと、畑川行政区 齊藤基区長をはじめとした有志の方々によって

「ふるさと大堀に集まろう!」が実現しました。

朝早くからの集合だったにもかかわらず、実に80人にも及ぶ方々が参加してくれました。

町外からこのイベントを楽しみに来てくれた人も多く、ところかしこで「久しぶり!元気にしてた?」など再開を喜ぶ姿もありました。

斎藤区長のご挨拶も終わり、各々が道具をもって我先にと、どんどん草刈りをしていきます。

お昼までかかる予定でしたが、参加された皆さんの頑張りにより、予定よりも早く終わりました。

草刈りの次は料理教室。今回の料理はお餅と芋煮。

お餅はみんなでついたつき立てのお餅。芋煮は料理自慢のお母さんたちから学び、みんなで作った絶品。

参加者の皆さんの話では、大堀では昔から、たくさんの人が集まるイベントでお餅がふるまわれることが多かったそうです。

昔は甘いものが少なく、あんこやきなこをたっぷり使った甘いお餅はみんなに喜ばれ、おめでたい席には欠かせない一品だったと聞きました。

 

草刈と料理教室の後はお楽しみの食事をしながらの交流会。

みんなでテーブルを囲み、つきたての美味しいお餅と熱々の芋煮を頂きました。

昔話にも花が咲き、「大堀小学校でこんなことをした。」

「山では山菜、川では魚を取り自然を満喫していた。」と思い出を話してくれる方もいました。

雑草が生い茂っていた校庭は見違えるほどきれいになり、小学校はかつての姿を取り戻すことができました。

 

参加した皆さんの感想を聞くと、
「自分の通っていた小学校をきれいにすることができて、本当に良かった。」

「また雑草が生える夏にもう一度集まろう」という声を聞くことが出来ました。

 

参加していただいた方々の、ふるさと浪江で何かしたい、地域のつながりを保ちたい、そんな気持ちが感じ取れるイベントだったと思います。

 

 

 

 

大堀地区の近況

2018年11月18日

こんにちは、地域づくり支援員の河原です。
10月21日に、谷津田行政区における「メガソーラー発電所設置工事起工式」を見学してきました。

 

 

上の写真は、谷津田行政区の住民を代表して玉串を捧げる原田区長です。

元々谷津田やその近隣地区は、水と日当たりに恵まれおいしいお米が採れたところであった、と伺いました。
しかし東西と南側の3方向を帰還困難区域に囲まれているという難しい状況があります。
ソーラー事業の導入自体は、区民の同意が100%得られたとのことですが、複雑なお気持ち、苦渋の選択があったのではないかと思いました。

上図は、南側から北側を向いて描かれた谷津田行政区メガソーラー発電所の事業イメージ図です。(MUFG様ご提供)

 

この右側=東に隣接する酒井行政区は、帰還困難区域に指定されています。
この酒井地区でも、別の事業者によるメガソーラー事業を導入する準備が進められています。

酒井地区では表土を削り取る除染は行わず、反転耕で土地表面の放射線量を下げる方法で実施されると聞きました。

 

一方、谷津田行政区の西隣りに接する大堀行政区も帰還困難区域ですが、復興拠点として先ずは除染作業が開始されています。

既に室原と南北でつながる県道35号線と、大堀から東に向かって谷津田、酒井、そして高瀬交差点で国道6号線につながる国道253線の除染は終了し、自由な通行が可能となっています。

 

上の写真は丁度日曜日だったので除染作業もお休みのようで、沢山の作業車が駐車していました。

この写真中央奥の陶芸の杜おおぼりが解除となる日が来るのが待ち遠しく思えます。

 

11月10日(土)幾世橋地区にてクリーン作戦を実施しました!

2018年11月18日

地域づくり支援員の引地です。

恒例となりました週末のクリーン作戦ですが、今回は幾世橋地区での開催でした。

集合場所は幾世橋小学校。

集合時間前にラジオ体操を流してみると、皆さん自然と輪になり体を動かし始めました。

 

 

約30名の皆様が集まり、佐藤区長からのご挨拶と出発の合図でスタート。

 

 

2チームに分かれ、幾世橋小~県道254、幾内橋と内匠町を進み、折り返して幾世橋小でゴールです。

約2キロの距離をごみ拾いしながら歩いた後はお茶を飲みながら交流会。

 

「みんなでごみ拾い、久しぶりで楽しみにしていた」

「最近浪江に戻ってきました、顔合わせができてよかった」

と言った感想や、

「小学校の時に植えた木があるはずなんだよな」

「『寿の池』があったことを憶えている方はいませんか?」

など昔の思い出に関する話、そして

「幾世橋小学校周辺を花できれいにしているんだ」

といった取り組みの話もあり、小雨が降る中でしたが、会話が広がり笑い声が響きました。

 

集合場所がみんなが通い関わった小学校ということで、それぞれの小学時代の話もされていたのが印象的でした。

幾世橋小学校は、幾世橋地区みんなの愛着ある場所だということを改めて実感したクリーン作戦でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月27日(土)加倉地区にてクリーン作戦を実施しました!

2018年11月9日

地域づくり支援専門員の今野です。

クリーン作戦の実施も4回目、10月27日は加倉行政区でおこないました。

開催当日まで微妙な予報が続きましたが、前日夕方の時点では「天気予報は曇りで大丈夫そうだ」となり開催を決定。

しかし当日起きるとけっこうな雨…。収集場所となる集会所に「とにかく行かなければ」と到着すると加倉行政区の吉田区長がカギを開けて準備されていました。
さらに、すでにゴミを集め集会所に持って来てくださった方もいたので、予定通りに実施することに。
雨の中のクリーン作戦となりました。

 

今回の加倉地区クリーン作戦ですが、最初に集合してからゴミ拾いを皆で一緒にしていく方法ではなく「震災前は、ひとりひとりがごみを拾いながら集会所に持ってきた」と区長が話されたことで「今回も従来通りのやり方でやってみましょう」となりました。

すぐにまた住民の方がお二人ほど、集めたごみを持って来てくださったので集会所の中へとご案内しました。
雨の中なので、ポットで沸かした温かいお茶を提供しました。

 

 

これまでのクリーン作戦にも町外から足を運んでくれた方がいらっしゃいましたが、今回はなんと「タブレットで開催を知り、いま住んでいる会津から来ました。クリーン作戦を最優先に予定に入れました」とおっしゃる方がいて、感激しました。

「ずっと浪江町で暮らしていて、町に世話になったので」ということでした。

 

ごみ拾いで印象的だったのは、114号線を中心にずっとごみを拾われる方がいたので聞いてみると「こうして清掃活動をしている住民がいると気づいてもらうことで、車からのポイ捨ても無くなればと思って」とのことでした。

 

集会所内では行政区の現状や、お互いの自己紹介などで交流が深まりました。
吉田区長からは「震災以来となる集まりの場ができた」と感謝の言葉をいただきました。

 

(参加された皆さんで記念撮影)

 

加倉地区では震災以前、いろいろな行事があったようで、集会所に飾ってある写真を見ていると「加倉ウォーク」という地域歩きだったり「苅野駅伝大会」があったりなど、活動が盛んな地域であることを感じました。

 

(加倉ウォークの様子。震災前のアルバムから)

 

こうした行事が、近い将来に何らかの形で復活するようなお手伝いをしていきたいと思います。

加倉の皆さん、ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします!