なみえの今

県道35号いわき浪江線 自由通行開始

2019年9月5日

9月になりましたが、日中は、まだまだ夏日の毎日。 皆さん、いかがお過ごしですか。 地域づくり支援員の佐藤です。

今回は、今月5日から自由通行が開始になった、県道35号いわき浪江線(通称・山麓線/さんろくせん) を通行してまいりました。

9月5日(木)正午から通行可能になり、 私たちは、13時頃、大熊町から浪江町に向かって走行を開始しました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0773-1024x768.jpg です
9月5日 大熊町側ゲート撤去、通行可能に

いよいよ、山麓線走行開始。道路沿いの状況をご覧ください。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0780-1024x768.jpg です

そして、いよいよ浪江町へ。井手の表示を見つけ、心が動きました。

8年ぶりに、山麓線を通行しながらこの風景を眺めることが出来ました。僅か、6.4㎞の規制解除ですが、浪江町にとっては、意味のある6.4㎞ではないでしょうか。 また一歩前に進んだと感じます。同時に、この自由通行により、新たにバリケードが増えたことも忘れてはならないことだと思います。

双葉町側から陶芸の杜を望む

なお、浪江~郡山の移動に関しては、約1.5km短縮になるそうです。